【映画レビュー】スパイダーマン:ホームカミング / Spider-Man: Homecoming

【映画パンフレット】スパイダーマン:ホームカミング特別版 監督:ジョン・ワッツ 出演:トム・ホランド ロバート・ダウニーJr. マイケル・キートンほか

トビー・マグワイアアンドリュー・ガーフィールドに続く三代目スパイダーマン、トム・ホランドの単独デビュー作品となる映画『スパイダーマン:ホームカミング』

ある意味、大人の体に出来上がっちゃっていたトビー・マグワイア、アンドリュー・ガーフィールドと違い、ピーター・パーカーのデビュー時の年齢・15歳を演じるのにぴったりのトム・ホランドの愛おしさが爆発している作品です。
もう、登場シーンから愛おしくてたまらない新生スパイダーマンは、まさしく愛すべきニューヨークの隣人。
ティーンならではの不恰好さであちこち走り回るミレニアル世代のニューヒーローです。

個人的には、スパイダーマンのお守役として振り回されるジョン・ファヴロー演じるハッピー・ホーガン、彼のピーターにはツンでトニーにはデレな感じも愛おしかった。。。

 

<STORY>

「スパイダーマン:ホームカミング」オリジナル・サウンドトラック

シビル・ウォーでトニー・スタークからスカウトされたスパイダーマンことピーター・パーカーは、認められてアベンジャーズに入りたいと大張り切り。お目付役のハッピー・ホーガンから苦い顔をされながらも、ニューヨーク市内のヒーロー活動に勤しんでいた。そんなある日、ピーターは巨大な翼を持ったヴィラン、ヴァルチャーと出会う。ピーターはヴァルチャーと戦おうとするが、逆に彼に捕らえられ、間一髪でアイアンマンに助けられる…。

 

<解説>

【映画パンフレット】スパイダーマン:ホームカミング通常版 監督:ジョン・ワッツ 出演:トム・ホランド ロバート・ダウニーJr. マイケル・キートンほか

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で顔見せゲスト的に登場したトム・ホランド版スパイダーマン。
本作は、シビル・ウォーの裏側をピーター・パーカーの目線から描いています。
初めてのパスポート、初めての海外旅行、初めての高級ホテル、初めてのアベンジャーズ…。
シビル・ウォーは本来割とシリアスな戦いなわけですが、ピーターは自撮りなんかしゃちゃたりして大興奮。
お目付役のハッピーにうんざりした顔をされながらも、楽しさを隠しきれず、15歳ならではの浅はかさというか、軽さを爆発させています。

とはいえ、クイーンズに戻った後は、いつもの退屈な日常の日々が続きます。
15歳のピーターの日常は、親友のネッドと超古いあの映画に登場するデス・スターをレゴで作ったり、学校のみんなで全米学力コンテストに参加したり。
そんな日常ではつまらないと、ピーターはスパイダーマンスーツを身につけて、夜な夜なヒーロー活動に励んでは、YouTubeにその動画をアップしたりするのです。
その動画が話題になることがうれしくてたまらないピーターは、憧れの女生徒・リズがスパイダーマンのファンだということを知り、彼女のホームパーティにスパイダーマンを連れていく、なんて約束をしちゃったりするのです。。。

この考えの浅さ、軽さは15歳ならでは。
だってリアル厨二病世代なんだから、しょうがないですよね。
しかも、自分の実力を実際以上に多く見積もって、「僕ならできる!」と勘違いしちゃっているのも無理からぬこと。

しかし、そんなピーターの鼻を大人たちがバッキバキにへし折っていきます。
本作のヴィランであるバルチャーはスパイダーマンを無残に湖に突き落とそうとするし、アイアンマンは遥か離れたパーティー会場でシャンパンなんて飲みながら、絶体絶命のピンチに陥ったスパイダーマンをいとも簡単に救っちゃったりするし。
ピーターの倍以上生きてきて、辛酸を嘗め尽くし死闘を繰り広げてきた彼らに、ひよっこヒーローのスパイダーマンが叶うはずがないのです。

でも、ひよっことはいえヒーローはヒーロー。
ピーターは自分のできる範囲で必死で走り回り、自分の住むクイーンズの仲間たちを助け、ニューヨークの危機を救おうとするのです。。。

そんな彼を助けてくれるのが、トニー・スタークの作ったスパイダーマンスーツに内蔵されたAI、スーツレディのカレン(なんと、ジャービスことポール・ベタニーの奥様であるジェニファー・コネリーが声を担当!)であったり、“イスの男”で親友のネッドであったり、ボサボサヘアーでぶっきらぼう、でも真実を認める強さを持つミシェルであったり、美しすぎるメイおばさんであったり。
彼は15歳なりの精一杯で街や大事な人たちを守り、ヒーローとして一歩ずつ成長していくのです。
そして、いよいよアベンジャーズの一員としての資格も得ていく、と…。

キャプテン・アメリカの盾を奪ったと大興奮していたピーター、本物の彼らにあったらどういう反応を見せるのでしょうか。
アベンジャーズのお豆ちゃん的存在になりそうなヤング・スパイダーマン、これからの成長ぶりも楽しみです。

 
<関連作レビュー>
■映画『アメイジング・スパイダーマン』http://c-movie.jp/review/amazing-spiderman/
■映画『アメイジング・スパイダーマン2』http://c-movie.jp/review/amazing-spiderman2/
 
『スパイダーマン:ホームカミング』(133分/アメリカ/2017年)
原題:Spider-Man: Homecoming
公開:2017年8月11日
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
劇場:全国にて
原作:スティーヴ・ディッコ
原作・出演:スタン・リー
製作:ケヴィン・ファイギエイミー・パスカル
監督・脚本:ジョン・ワッツ
脚本:ジョナサン・ゴールドスタイン/ジョン・フランシス・デイリー/クリストファー・フォード/クリス・マッケーナ/エリック・ソマーズ
音楽:マイケル・ジアッチーノ
出演:トム・ホランドマリサ・トメイゼンデイヤロバート・ダウニー Jr./トニー・レヴォロリ/ローラ・ハリアー/ジェイコブ・バタラン/マイケル・キートンジョン・ファヴロードナルド・グローヴァータイン・デイリーボキーム・ウッドバインケネス・チョイクリス・エヴァンスグウィネス・パルトローアンガーリー・ライス
声の出演:ジェニファー・コネリー
Official Website:http://Spiderman-Movie.JP

 

「スパイダーマン:ホームカミング」オリジナル・サウンドトラック
Sony Music Labels Inc. (2017-07-26)
売り上げランキング: 220
スパイダーマン トリロジー ブルーレイ コンプリートBOX [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2017-07-05)
売り上げランキング: 618
アメイジング・スパイダーマン シリーズ ブルーレイ コンプリートBOX [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2017-07-05)
売り上げランキング: 641
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ (字幕版)
(2016-07-22)
売り上げランキング: 438
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存