アサシン クリード / Assassin’s Creed

アサシン クリード【DVD化お知らせメール】 [Blu-ray]

ユービーアイソフトの世界的人気ゲームの映画化作品『アサシン クリード』

マイケル・ファスベンダーがアクションに挑んでいるのですが、これがちょっと惜しい…。
ファスベンダーがもうちょっと若い頃だったら、アクションにもっとキレがあったかもしれないのですが…。
でもまあ、パルクールを駆使したイーグルダイブなど、映像的には見所はたっぷりです。

<STORY>
カラム・リンチは、幼い頃に父が母を殺す場面を目撃し、リンチは犯罪を重ねながら成長した。殺人の刑で死刑を執行されたはずのリンチだが、目を覚ますとソフィア・リッキン博士の率いるある施設にいた。そこは、有史以来アサシン教団と戦い続けてきたテンプル騎士団の作り上げた施設で、最先端の科学技術で過去の人類の記憶を追体験し、“エデンの果実”を探そうとしていたのだ。リンチはアサシンだった祖先の記憶にアクセスすることに…。

<解説>

Ost: Assassin's Creed

死刑囚が自分の祖先の記憶をDNA操作によって追体験し、“エデンの果実”の謎を解明する…というなかなか難解なストーリーの本作。
15世紀、ルネサンス期スペインのスペイン異端審問から始まる本作は、脈々と地下で続いてきたテンプル騎士団とアサシン教団の対決を描いています。

アサシン教団の暗殺者アギラール・デ・ネルハを祖先に持つ死刑囚のカラム・リンチは、ソフィア・リッキン博士に救出され、アブスターゴ財団の施設で“アニムス”という装置に接続されることとなります。
この“アニムス”は、DNAに保存された遺伝子の記憶を呼び起こし、祖先の行動を追体験できる装置。
リンチは、マスターアサシンとして暗躍していたアギラールの行動を追体験していきます。

このアギラールは“エデンの果実”にもっとも近づいた者とされており、“エデンの果実”を探すリッキン博士らは、リンチを使ってそのありかを探ろうとしていたのです。
実は、リッキン博士はテンプル騎士団の一員であり…。

アサシン教団とテンプル騎士団の対立を、15世紀、21世紀のふたつの時代を舞台に描く本作。
見所はなんといってもアサシンたちの見せるアクションでしょう。
パルクールを駆使し、壁を駆け、重力を無視した軽やかな動きを見せる彼らのアクションは流麗でありながらも重厚感を感じさせる見事なものです。
ゲームファンも納得の出来なのだとか。

それにしても…、マリオン・コティヤールはなんだかこういう役が多いですね。
過去にも、なんだか同じような設定を見たことがあったような。。。

『アサシン クリード』(116分/アメリカ/2016年)
原題:Assassin’s Creed
公開:2017年3月3日
配給:20世紀フォックス映画
劇場:TOHOシネマズ 日劇ほか全国にて
監督:ジャスティン・カーゼル
脚本:ビル・コレイジ/アダム・クーパー/マイケル・レスリー
原案:ユービーアイソフト
音楽:ジェド・カーゼル
撮影:アダム・アルカパウ
編集:クリストファー・テレフセン
出演:マイケル・ファスベンダーマリオン・コティヤールジェレミー・アイアンズブレンダン・グリーソンマイケル・ケネス・ウィリアムズ/アリアン・ラベド/マティアス・ヴェレラ
Official Website:http://www.foxmovies-jp.com/assassinscreed/

Ost: Assassin's Creed
Ost: Assassin’s Creed
posted with amazlet at 17.03.08
Original Soundtrack
Verve (2017-01-20)
売り上げランキング: 33,429
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存