残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―

残穢【ざんえ】 ―住んではいけない部屋― (ムビチケオンライン券)

いやーもう、本当に怖かった。

小野不由美原作、中村義洋監督の映画『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』、本当に怖くて、最後の方は手で画面を隠し、指の間のちょっとの隙間から映像を見ていました。

いやー、こんなに怖いんなら観るんじゃなかったよー。
何が怖いって、劇中に登場する人物たちに巻き起こる不幸が、巻き込まれ事故でしかないこと。
本人は何も悪くないのに、偶然にそのマンションに住んでしまったりして、“穢れ”に触れてしまったというだけで、気が触れたりして死んでしまうとは…。

この映画を観た日の夜は、どこからも変な音が聞こえてこないか、ついつい耳をすませてしまいました。
今のマンションは平和だからいいけれど、今度引っ越す時は、過去の歴史までさかのぼって調べてからにしなければ。それにしたって、いつまで調べればいいのかしら…。

<STORY>
ホラー作家の私のもとに、久保さんという女子大生から「今住んでいる部屋で奇妙な音がする」という手紙が届く。興味を覚えた私は、久保さんとともにその音について調べることに。やがて、久保さんの部屋だけではなく、そのマンションに住んでいた人たちで、引っ越し後に奇妙な事件を起こしたり自殺したりした人が何人かいることがわかる。私と久保さんは、そのマンションが建つ以前に、その土地にたっていた家について調べることにする。

<解説>
第26回山本周五郎賞を受賞した小野不由美の原作小説を、中村義洋監督が映画化した本作『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』
この映画がどれほど怖いか、おわかりいただけるだろうか。

中村義洋監督と言えば、最近では『予告犯』『白ゆき姫殺人事件』『ゴールデンスランバー』など、最後にはどこか温かみの感じられる、サスペンスドラマでありながらヒューマンドラマであるような、そんな作風で知られています。
しかし、実は過去には「ほんとにあった!呪いのビデオ」などの恐怖演出を手がけ、その手腕を高く評価されていた監督なのです。

つまり、この映画『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』は、恐怖演出の名手・中村義洋監督が、久しぶりに手がけた恐怖映画と言えます。

主人公の“私”こと竹内結子と、最初にその“音”を聞いた橋本愛演じる久保さんは、言ってみれば好奇心から、その“音”の原因について調べ始めます。

そして、その経過に興味を持った佐々木蔵之介演じるホラー作家・平岡芳明と、坂口健太郎演じる九州出身の心霊マニア・三澤くんが調査に加わったことにより、飛躍的に調査が進んでいくのです…。

調査が進み、何重にも重なり、何年にもわたって続いてきた“穢れ”の原因が解明していく様子は、かなり面白いです。
“怖い話”の根っこには、何かしらの事件や事故があり、それが何人もの人の口を経て姿を変えていく。
古い新聞や役所の報告書、事件の調書などを調べていくと、その事件の真の姿が見えてきます。
そして、その事件の過去には、その事件を誘発した“何か”がまた隠れている…。

人の口に伝わり、姿を変えてきた“怖い話”をたどっていくと、根は同じ。
主人公たちは、やがて、その根と思われる事件にたどりつくのですが…。

この映画では、“幽霊”といったものは、はっきりとした現在の映像としては、あまり姿を見せません。
その恐怖は、人々の“記憶の再現”であったり、“過去の映像”であったり、“古い新聞の切り抜き”や“手書きの書類”といった形でボンヤリと存在を現してきます。
ただ、それはボンヤリしているからこそ、余計得体の知れない怖さを感じさせます。
それが本当に怖いものなのか、怖いと思って見ているから怖いのか。

恐怖というものは、見ている人の心が作り出すものだといいます。
だからこそ、私たちは怖い怖いと言いつつ、ホラー映画を見ることができるわけです。

でも、この映画で描いているのは、“恐怖の受け取り手”など関係ない、本当の“穢れ”。
怖いと思っていようといまいと、関係なく襲いかかってくる存在なのです。

こんな穢れに出会ってしまったら、避けようがない…。
どんなに行いが良かろうと、神仏を信じ清く正しく生きていても、関係ないのです。

そういう意味で本当に怖い映画でした。
願わくば、こんな“穢れ”に遭遇することがありませんように。。。

『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』(107分/日本/2015年)
公開:2016年1月30日
配給:松竹
劇場:全国にて
原作:小野不由美
監督:中村義洋
プロデューサー:池田史嗣
脚本:鈴木謙一
音楽:安川午朗
出演:竹内結子橋本愛佐々木蔵之介坂口健太郎滝藤賢一山下容莉枝成田凌吉澤健不破万作上田耕一
Official Website:http://zang-e.jp/

残穢 (新潮文庫)
残穢 (新潮文庫)
posted with amazlet at 16.01.14
小野 不由美
新潮社 (2015-07-29)
売り上げランキング: 603
映画 「予告犯」 (通常版) [Blu-ray]
TCエンタテインメント (2015-12-04)
売り上げランキング: 5,736
白ゆき姫殺人事件  Blu-ray
白ゆき姫殺人事件 Blu-ray
posted with amazlet at 16.01.14
松竹 (2014-09-03)
売り上げランキング: 26,802
ゴールデンスランバー<廉価版> [Blu-ray]” style=”border: none;” /></a></div>
<div class=
アミューズソフトエンタテインメント (2014-04-23)
売り上げランキング: 28,750
チーム・バチスタの栄光 [DVD]
TCエンタテインメント (2008-08-08)
売り上げランキング: 49,553
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。