ストロボ・エッジ

ストロボ・エッジ 映画ノベライズ みらい文庫版 (集英社みらい文庫)

『さよなら歌舞伎町』『娚(おとこ)の一生』と、公開が続く廣木隆一監督の監督作。
この廣木監督の作品が、またもう一作公開されます。
それがこの映画、『ストロボ・エッジ』

『娚(おとこ)の一生』がアラサー、アラフォー女性のファンタジーだとすれば、この『ストロボ・エッジ』は女子高生のファンタジー。

「こんな恋がしたい」
「こんな制服デートがしたい」
「こんな風に好きな人と電車に並んで座って、彼の肩で眠っちゃったりしたい」

などという女子高生が望む恋愛模様を、キラキラと再現してくれています。

<STORY>
同級生の一ノ瀬蓮を好きな木下仁菜子は、学校帰りに駅で蓮に告白する。「彼女がいるから」とフラれてしまうが、友だちとして付き合って欲しいと言うのだった。やがて新学期、高校2年生になった二人は同じクラスになる。その頃、蓮の年上の恋人・麻由香は、父親の再婚に悩んでいた。蓮はそんな麻由香を支えるため、麻由香に会いに行っていたのだが、疲れから倒れてしまう。そんな蓮を偶然通りかかった仁菜子が看病し、二人の距離は近付いていく。

<解説>
この『ストロボ・エッジ』、原作は咲坂伊緒の同名人気コミックです。
咲坂伊緒と言えば、つい最近三木孝浩監督の手で『アオハライド』も映画化されましたね。

この『ストロボ・エッジ』と>『アオハライド』、物語の構成はよく似ています。
この二つの物語、どちらも主人公の女の子には好きな同級生の男の子がいます。
でも、その彼には他に大事な女の子がいて、傷ついているその彼女をほっておくわけにいかず、主人公の女の子と付き合うまでに逡巡がある…、というパターン。

でも、『アオハライド』に比べると、この『ストロボ・エッジ』で主人公に与えられる試練はずいぶんマイルドです。
なんと言っても、『アオハライド』のライバルは超強力で、なおかつ「親を亡くす」というとてもつらい経験をした少女。
傷つき度合いも強いし、そりゃあ男の子も簡単にほっぽり出すわけにいきません。

それに比べて、この『ストロボ・エッジ』のライバルである麻由香は、「両親が離婚し、父親が他の女性と再婚することで悩んでいる」というだけですからね。。。
もちろんそれだって辛いのでしょうが、親を亡くす体験に比べたら、やはり弱過ぎます。

というわけで、この『ストロボ・エッジ』『アオハライド』に比べて、随分主人公に与えられた試練が軽くなっていると言えるでしょう。
それで、映画の中で何が描かれているかというと…、主人公二人の気持ちが近付いていく“過程”です。

好きな人と一緒に行く買い出し。
好きな人と一緒の電車で帰る放課後。
好きな人と一緒に行く鎌倉遠足。
好きな人と一緒に準備する学園祭。

いやもう、楽し過ぎるでしょ!
二人で笑い合ったり、ひとつのイヤホンを分け合って同じ曲を聞いたり、彼のパーカーを借りて着たり、そんな日常のひとつひとつが、二人の距離を縮めていくのです。
いやもう、まぶしい。まぶしくてみれへんわ!
私も高校生に戻って、こんな恋がしたい! 制服デートしたい!

福士蒼汰有村架純という今を時めく二人が、高校生のピュアな恋をみずみずしく描いた本作、アラフォーの私が観ると、思わず取り乱してしまうほど、キラキラしたラブストーリーでした。

廣木隆一監督、こんなに連続して女性が夢見る恋愛ファンタジー作品を監督し、しかもまったく違うテイストを味わわせてくれるとは…。
今後、ファンタジスタと呼ばせてください。

『ストロボ・エッジ』(116分/日本/2015年)
公開:2015年3月14日
配給:東宝
劇場:全国にて
原作:咲坂伊緒
監督:廣木隆一
出演:福士蒼汰有村架純山田裕貴佐藤ありさ入江甚儀黒島結菜小篠恵奈松尾薫
Official Website:http://www.strobe-movie.com/

『ストロボ・エッジ』オリジナル・サウンドトラック
世武裕子
SPACE SHOWER MUSIC (2015-03-11)
売り上げランキング: 25,185
ストロボ・エッジ 映画ノベライズ みらい文庫版 (集英社みらい文庫)
咲坂 伊緒 松田 朱夏
集英社
売り上げランキング: 2,097
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。