娚(おとこ)の一生

娚の一生 (小学館文庫)

“娚”。
この漢字、音読みで「ネン」「ダン」「ナン」、訓読みで「のう」「めおと」と読むそうです。

なぜこの映画『娚(おとこ)の一生』はこの漢字を使っているのか、なぜこのタイトルなのか…。
原作も読んだんですが、特に説明がありませんでした。

うーん、男のような女の一生、ということ?
男と女の一生、ということ?
女と男が出会って、それからの一生、ということ?
多分、そのどれでもあるような気がしますね。。。

<STORY>
東京での暮らしに疲れ、田舎の祖母の家で暮らし始めた堂薗つぐみ。入院していた祖母が亡くなりひとりぼっちになったある日、祖母の家の離れから彼はかつての祖母の教え子だったという50代の男、海江田醇が現れる。いつでも好きに使っていいと離れの鍵を預かっていたという。強引に離れで暮らし始めた海江田は、やがてつぐみと母屋で一緒に食事をするように。海江田に自分を大切にしていないと叱られたつぐみは、彼を男として意識し始め…。

<解説>

【チラシ付映画パンフレット】 『娚(おとこ)の一生』 出演:榮倉奈々.豊川悦司.向井理

都会で男以上にバリバリ働いていたキャリアウーマンが、不倫や仕事につかれ、田舎に帰る。
そこで、“そのままの自分”を愛してくれる人に言いよられ、やがて結婚する…。

そんな“よくある話”を描いた西炯子の同名コミックスを『余命1ヶ月の花嫁』廣木隆一監督が映画化した本作。

プロット自体はよくある話ではありますが、ディテールはかなり凝っています。

本作の主人公・つぐみが出会うのは、かつてつぐみの祖母に恋をしていたという、50代の大学教授。
そんな地位も名誉もある男性が、年甲斐もなく「恋をしてしまった」と自分に迫ってくるのです。
失うものも何もなく勢いだけで突っ走る若い男ではなく、充分に理性と知性を持っているそんな年上男性が、そんな理性を忘れて自分に迫ってくるなんて…、ある意味、妙齢の女性にとっては年下男性にモテることより、うれしいことかもしれません。

しかも、豊川悦司演じるこの大学教授、ずうずうしく押しが強く、さらに京都弁。
つかみどころもなく、反論を柳のように受け流し、するりと女性の懐に入ってきます。
こういう“知性があって一枚上手な年上男性”が自分だけに子どもっぽく甘えてみせたりするなんて、妙齢女性としては落ちないわけがないじゃないですか。。。

主人公のつぐみを演じているのは1988年生まれで27歳の榮倉奈々なので、妙齢というには多少早いのですが、この作品『娚(おとこ)の一生』は、まさにアラサー、アラフォーの妙齢女性のファンタジーをそのまま映画化した物語と言えるでしょう。

それにしても、トヨエツのロマンスグレーと京都弁、なんとも素敵過ぎます。
彼と比べたら、つぐみの不倫相手役の向井理も、小僧にしか見えません。
あんな大学教授、どこかに落ちてないかしら。。。

『娚(おとこ)の一生』(118分/日本/2015年)
公開:2015年2月14日
配給:ショウゲート
劇場:全国にて
原作:西炯子
監督:廣木隆一
脚本:斉藤ひろし
音楽:遠藤浩二
出演:榮倉奈々豊川悦司安藤サクラ前野朋哉落合モトキ根岸季衣濱田マリ徳井優木野花向井理坂口健太郎美波岩佐真悠子紺野千春朝倉えりか若林瑠海
Official Website:http://otokonoissyou-movie.jp/

娚の一生 (小学館文庫)
娚の一生 (小学館文庫)
posted with amazlet at 15.02.16
高瀬 ゆのか 西 炯子 斉藤 ひろし
小学館 (2015-01-05)
売り上げランキング: 1,801
映画『娚の一生』サウンド・トラック
オリジナル・サウンドトラック
SMAR (2015-02-11)
売り上げランキング: 20,782
Hold me, Hold you / 始まりはいつも突然に
JUJU
SMAR (2015-02-11)
売り上げランキング: 3,318
余命1ヶ月の花嫁 スタンダード・エディション [DVD]
Happinet(SB)(D) (2009-11-06)
売り上げランキング: 38,604
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。