蒼の乱

劇団☆新感線2014年春興行として2014年の3、4、5月に行われたいのうえ歌舞伎「蒼の乱」。

私も、4月2日に渋谷の東急シアターオーブにて観てきたこの舞台が、ゲキ×シネ『蒼の乱』となりました。

その時の感想ってどうだったかなとツイッターを見返してみると、下記のような感想が。

舞台とゲキ×シネの両方を観た人間としては、だいぶ鑑賞後の印象が違う気がしました。
168分と(ゲキ×シネにしてはかなり)短く尺を詰めてきただけあって、新たなチャレンジをしてきているのがうかがえます。
新感線の魅力の一つでもあるハケ際の小芝居など、かなりのシーンをカットしてでも、芝居としてより映画としての見やすさを追求している、という感じ。

映像の面でも、手前の人物から後ろの人物にフォーカスを移す技法がかなり多様されていましたが、これはこれまでのゲキ×シネではあまり観られなかった気がします。

<STORY>
平安中期、京の都で渡来衆たちが襲われ、長の蒼真と桔梗だけが生き延びる。彼女らを助けたのは、坂東武者の将門小次郎。三人は帳の夜叉丸に招かれて西海を訪れ、蒼真たちの同胞で一緒に海を渡ってきた伊予純友と再会。西海を支配する純友は、小次郎に東国で立ち上がり、西と東から京の支配を転覆させようともちかける。小次郎は蒼真らを連れ故郷の東国・坂東に帰り、乱れていた坂東を治めた。そして小次郎は武将として名をあげていくが…。

<解説>
平将門、伊予純友など、平安中期に京に反乱を起こした“まつろわぬ者”たちの物語を描いた本作。
松山ケンイチが平将門を、天海祐希が将門の愛した女性・蒼真を演じています。

そこに粟根まこと演じる伊予純友、早乙女太一演じる帳の夜叉丸(とばりのやしゃまる)、平幹二朗演じる常世王(とこよおう)ら、京の支配に反感を持ち、自由に生きようとする“まつろわぬ者”たちがそれぞれの思惑を持って絡んでくるのです。

将門は坂東の名家出身ながら、民に圧政を加えた叔父たちを殺した身。
蒼真、蒼真の仲間の桔梗(高田聖子)、伊予純友はもともと大陸から逃げて日本に渡ってきた渡来衆、常世王らは蝦夷の人間です。
それぞれ皆、その当時の、京の支配する主流派から外れるルーツを持ち、それが故に生きづらさを感じている民たち。
そんな彼らが、西海、東国から、京を挟み撃ちにし、日本の支配を転覆させようと企むのです。

そんな“まつろわぬ者”の中で、唯一、裏を持たないのが平将門。
橋本じゅん演じる黒馬鬼と名付けた馬(最高!)とも話せちゃうくらい、純粋な男なわけです。
そんな純粋な将門が、一枚も二枚も上手の裏のある面々に翻弄されつつ、自分なりの正義を通していくのが、本作『蒼の乱』なのです。

そんな将門は、まさに英雄と書いてヒーロー。
ラストのチャン・イーモウオマージュも納得なのでした。
中島かずき、怨霊とも神とも言われ畏れられる将門を、純粋な一人の英雄として描き、松山ケンイチはそんな将門のまっすぐさを見事に体現しています。

3時間超え当たり前、インターミッション必須の新感線の舞台を、かなりカットして168分という時間に収めたこのゲキ×シネ『蒼の乱』
ゲキ×シネとしても新たなチャレンジを感じさせる一作でした。
ただ、ストーリーの本筋ではない余計な部分を大胆にカットしている分、新感線の舞台の映像化としては、少しパワーダウンしている気も。。。
ただ、新感線を知らない一般のお客さんにもっとゲキ×シネを楽しんでもらうためには、ここまで尺をカットしないといけないのかもしれません。
うーん、難しいところですなあ。。。

『蒼の乱』(168分/日本/2015年)
公開:2015年5月9日
配給:ヴィレッヂ、ティ・ジョイ
劇場:全国にて
作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
出演:天海祐希松山ケンイチ早乙女太一森奈みはる梶原善粟根まこと高田聖子平幹二朗橋本じゅん右近健一/河野まさと/逆木圭一郎/村木よし子/インディ高橋/山本カナコ礒野慎吾吉田メタル中谷さとみ/保坂エマ/早乙女友貴/川原正嗣/武田浩二
Official Website:http://www.aonoran.com/

蒼の乱 (K.Nakashima Selection)
中島 かずき
論創社
売り上げランキング: 452,043
劇団☆新感線30年 サムライたちの軌跡 1980-2010 (AERA Mook)
朝日新聞出版
売り上げランキング: 385,580
劇団☆新感線 20th CENTURY BOX [DVD]
E!ohibai (2007-05-24)
売り上げランキング: 122,447
平の将門 (吉川英治歴史時代文庫)
吉川 英治
講談社
売り上げランキング: 94,695
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。