ワイルド7

瑛太椎名桔平丸山隆平阿部力宇梶剛士といった豪華メンバーが集合し、重量級のバイクで爆走する大迫力の予告編に、かなり期待が募っていた映画『ワイルド7』

いやー、見応えありました、バイクシーンと銃撃シーンに関しては。

最近の日本映画で、ここまで迫力の銃撃シーンを展開した映画って、あんまり他にはないのではないでしょうか。

<STORY>
警視庁の草波警視正は、飛葉大陸を始めとする7人の凶悪犯罪者たちを集めて「ワイルド7」を組織する。ワイルド7とは、凶悪犯を処刑する権限を与えられた超法規的警察組織なのだ。ある銀行強盗犯を追っていた飛葉が犯人を処刑しようとしたところ、謎のライダーが犯人をライフルで射殺してしまう。走り去ったそのライダーを追った飛葉は、本間ユキという女性と出会う。ある日、飛行船を使ったウイルステロが起こり、ワイルド7が出動する…。

<Cheeseの解説>
1969~79年に連載されていた望月三起也原作のコミックスを、「海猿」シリーズ羽住英一郎監督が映画化した本作。

メインキャスト全員がバイクの免許を保持しているということで、かなり激しいバイク・アクションを見せてくれます。
銃撃戦では1500発もの銃弾を使用しているということで、銃撃戦の迫力もすごいものがあります。
こんな銃弾だらけのワイルドな日本映画、ここ最近観たことない!

という感じなのですが、やはりどうしてもリアリティが薄いのは否めない。。。
“超法規的警察組織”という存在ももちろんなのですが、この日本で「普通の可憐な女性がライフルをぶっ放す」という状況は、どうしても考えられないですからね。。。
その“ありえない状況”を信じさせてくれるくらいの説得力のある裏付けを、映像から感じられれば良かったのですが。

他にも、テロ犯の詰めが甘かったりとか、ラスボスが意外と小物だったりとか、ちょっとした不満点がいくつかありました。

せっかく、あれだけの銃撃戦やアクションシーンを作り上げたのだから、もうちょっと脚本にも力を入れてくれれば、もっと面白い作品になったのではないかと思います。
でも、あれだけのアクションは他の日本映画ではなかなか観ることはできないですし、そこはかなり見応えを感じることができると思います。

別コラム:オトコに見せたいこの映画『ワイルド7』

『ワイルド7』(109分/日本/2011年)
公開:2011年12月21日
配給:ワーナー・ブラザース映画
劇場:全国にて
原作:望月三起也
監督:羽住英一郎
出演:瑛太椎名桔平丸山隆平阿部力宇梶剛士平山祐介松本実要潤本仮屋ユイカ中原丈雄吉田鋼太郎深田恭子中井貴一
公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/wild7/

ワイルド7 オリジナルサウンドトラック
サントラ
KRE (2011-12-21)
売り上げランキング: 4122
ワイルド7 (小学館文庫)
ワイルド7 (小学館文庫)
posted with amazlet at 11.12.11
奥村 千明 望月 三起也 深沢 正樹
小学館 (2011-11-08)
売り上げランキング: 9675
ワイルド7 1 野生の7人編 (ぶんか社コミック文庫)
望月 三起也
ぶんか社
売り上げランキング: 190128
ワイルド7 R (マンサンコミックス)
望月 三起也
実業之日本社
TOKUMA Anime Collection『ワイルド7』 [DVD]
徳間書店 (2007-02-23)
売り上げランキング: 6766
ワイルド7 DVD-BOX
ワイルド7 DVD-BOX
posted with amazlet at 11.12.11
エイベックス・マーケティング (2009-03-27)
売り上げランキング: 15938
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。