【映画レビュー】AMY SAID エイミー・セッド

学生時代に自主映画を作っていたサークルメンバーたちの、20年後の同窓会の一夜を描いた映画『AMY SAID エイミー・セッド』
なんというか、リアルに40代だったり、学生時代に友人達が自主映画を作っていたりした私にとって、なんだか個人的にかなり刺さった映画でした。

かつての仲間達と40代に入って再会しても、状況や関係性があの頃とは違いすぎて、きっとまた違う雰囲気になるんだろうな…。
仕事で成功したり失敗したり、家庭があったりなかったり、みんな誰もが仲間の誰かをうらやましがったり、うらやましがられたりしているのだろうな…なんて、思ってしまったのでした。

 
<STORY>
パン屋を経営している朝田は、200年前、自主映画の監督として注目される存在だった。しかし、彼の映画の主演女優だったエミが突然死亡し、彼は映画製作を諦めてしまう。それから20年、映画研究会の仲間たちが久しぶりに集まった。郊外で無農薬野菜を作りレストランを経営している飯田と妻の直子、売れない俳優の岡本、キャリアウーマンの美帆、起業した木塚、介護士の五島。彼らはそれぞれに、隠してきた秘密や思いを語り始める…。
 

<解説>
渡辺真起子村上淳渋川清彦など、日本映画界で活躍する実力派俳優たちが所属する芸能事務所ディケイド
ディケイドの設立25周年を記念して作られたこの映画『AMY SAID エイミー・セッド』は、ディケイドの代表・佐伯真吾が企画し、ディケイドの俳優陣がメインキャストとして顔を揃えました。
『MASK DE 41』村本大志が監督・脚本を務めています。

学生時代に自主映画製作をしていた仲間たちの久しぶりの同窓会。
映画監督の夢を捨て去りパン屋を営んでいる主人公の朝田に、かつての仲間同士で結婚し郊外で無農薬野菜を作りながらレストランを営んでいる飯田と妻の直子、キャリアウーマンとして成功している独身の美帆、起業してIT企業を経営している木塚、介護士となった五島、タイでコーディネーターをしている川崎、そしてただ一人映画業界にしがみついて売れないまま俳優を続けている岡本。
そんな彼らの集まりで出てくる話題は、グループの中でファムファタル的存在だった、エミのこと。

朝田を始めとするグループの男達はみなエミに夢中だったのに、彼女は突然、命を絶ってしまったのです。。。

グループの仲間達はエミの死によりバラバラになり、それぞれ社会人になりました。
そして、エミの死から20年が経ち、やっとエミのことについて語れるようになったのです。

この同窓会では、直子が「エミの死の真相を知っている」と言ったことを皮切りに、それぞれが初めて、思いのたけを述べていきます。
それとともに、それぞれがそれぞれに問題を抱えていることが明らかになるのです。
みんな、幸せそうに見えていても、ちょっとずつ不幸で、それぞれに問題を抱えていた。。。

そんな彼らをトリックスター的に引っ掻き回すのが、山本浩司演じる、ただ一人映画関係にしがみついている売れない俳優の岡本。
仲間たちのように夢を捨てず、どんなに売れなくても自分を信じ、「いずれはハリウッドに行ってやる」などという不可能そうに思える大志を抱いている彼だからこそ、仲間達への追求は容赦がありません。
自分をごまかそうとしない彼の言葉は、他人のごまかしを許さず、追い詰めていきます。

そして、それぞれに思いを吐き出した仲間達は、これまで知らなかった真実を知り、理解しあうようになるのでした。。。

バーの片隅で起きた一夜の物語を描いたこの作品。
まるで舞台劇のように、名俳優たちのアクション・リアクションの演技をを緻密に積み上げ、ストーリーが出来上がっていきます。
この映画のために出演俳優たちは半年前くらいから稽古を重ねたとのこと。
監督も、セリフを話している俳優だけでなく、そのセリフを聞いている俳優のリアクションを映し出すことに務めたそう。
おかげで、日本映画の脇をがっちり固める実力派俳優たちの表情の演技、受けの演技をじっくり楽しむことができます。

日本映画界の一画を担う俳優事務所が、映画への夢や夢の儚さを描いたこの映画。
プロフェッショナルたちが本気で作った自主映画、という言葉がぴったりな、かつて映画を撮ったことのある人、映画界に憧れた人にはきっと刺さる、そんな作品でした。

 
『AMY SAID エイミー・セッド』(96分/日本/2016年)
公開:2017年9月30日
配給:ディケイド
劇場:テアトル新宿ほか全国にて
監督・脚本:村本大志
脚本:狗飼恭子
企画・製作:佐伯真吾
プロデューサー:関友彦/田中和磨
音楽:jan and naomi
テーマ曲・出演:大橋トリオ
出演:三浦誠己渋川清彦中村優子山本浩司松浦祐也テイ龍進石橋けい大西信満村上虹郎渡辺真起子村上淳
Official Website:http://amy-said.com/

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存