予告犯

2ちゃんねるやTwitterを使っての犯行予告が珍しくなくなった今日この頃。
そんな世相を反映した本作『予告犯』は、犯罪予告動画をネットにアップし、後日その予告を実行するグループ“シンブンシ”たちの物語です。

インターネット上で犯罪予告を行う実際の犯人の多くは、承認欲求がその動機だったりするわけですが、“シンブンシ”たちの動機は違います。
彼らの動機は、実はとてもシンプル。そして、はるか昔から、人間たちが抱いてきた気持ちからです。

中村義洋監督がメガホンをとったこの映画『予告犯』、最新で複雑に思える題材を扱いながら、実はとてもシンプルで根源的な感情を描いています。

実は私、この映画を観にいく前は、クライム・サスペンスやクライム・アクションなのかと思っていたのですが、実は違いました。
クライム・ドラマではありますが、人間ドラマであり、社会派ドラマ、そして成長のドラマでもあります。
なおかつ立派なエンターテインメント・ムービーなのです。

『白ゆき姫殺人事件』もそうでしたが、やはり中村義洋監督はさすがですね。
どんな題材を手にしても、最後に観客をあっと驚かせ、優しい気持ちにさせてくれます。
まさに、中村監督作品ならではのやさしい後味を残してくれるのです。
個人的には、荒川良々のあの涙と笑顔のシーンは、素晴らしかったと思います。

<STORY>
インターネット上で新聞紙を被った男が犯罪の予告をしている動画が発見され、吉野絵里香率いる警視庁サイバー犯罪対策課が捜査を始める。“シンブンシ”と呼ばれる予告犯は、SNSに人を侮辱するような投稿をした個人に制裁を加えたり、食中毒事件を起こした食品会社に放火を行ったりしていた。その予告動画は、いつもあるネットカフェチェーンの店舗からアップされていた。そしてそこには、常に“ネルソン・カトー・リカルテ”という名前が残されていた…。

<解説>
この映画の主人公は、動画投稿サイトに犯罪予告動画をアップする予告犯“シンブンシ”です。
ストーリーはこの“シンブンシ”の物語と共に、彼らを逮捕しようとする警視庁のサイバー犯罪対策課の捜査の模様を追っていきます。

“シンブンシ”のメンバーは、4人。
生田斗真演じるゲイツ、鈴木亮平演じるカンサイ、濱田岳演じるノビタ、荒川良々演じるメタボ。
彼ら4人は、新聞紙で作ったマスクを被り、みんな同じTシャツを着て、カメラの前に立っています。

彼らはみんな、ひょんなことから人生のどこかでつまずいてしまい、“普通の生活”からこぼれ落ちた人物です。
“健康で文化的な最低限の生活”を目指すものの、それがうまくいかなかった人々なのです。
ある過酷な労働現場で出会った彼らは、意気投合し、やがて底辺で暮らす人々を省みようともしない日本の社会へ一石を投じようとするのです。

そんな彼らを追うのは、戸田恵梨香演じる警視庁サイバー犯罪対策課で班長を務める吉野絵里香です。
彼女は、東大卒のキャリアで、若くして班長という職にある、頭脳明晰で美貌まで併せ持つ刑事です。
一見、何不自由なく育ってきた女性のように思えますが、実は給食費も払えないような貧しい家庭で育っています。

そんな環境の中で努力に努力を重ね、学歴を手にし、社会的な地位も得た彼女にとって、底辺から社会を憎んで事件を起こそうとする“シンブンシ”は、反吐が出そうな甘えた存在でしかありません。
でも、それはどこかコインの裏表のような相手への近親憎悪的な憎しみでもあり、彼らにどこかシンパシーを感じてしまう自分を必死で否定している部分もあるのです。

物語中盤、彼女とゲイツは六本木の街角で遭遇し、逃げるゲイツを吉野が走って追いかけます。
二人はひたすら六本木の住宅地を走り抜け、渋谷川の川沿いに逃げ込みます。
そして、ゲイツは川の中に入り、暗渠の中に逃げ込むのです。
吉野も川に入って追いかけますが、暗渠に入ることができず、二人の追走劇は終わりを告げます。

普通は人が入らない暗渠の中まで軽やかに入っていけるゲイツと、そこまでは入り込めない吉野。
社会における二人の存在を象徴した、印象に残るシーンでした。

観客は、吉野たちの捜査の進展と共に、社会から虐げられた“シンブンシ”たちの本当の犯行動機を知ることになります。
彼らの犯行動機は、驚くような単純なもの。
でも、映画を通してみた観客には、その単純な犯行動機が、すっと胸に入ってきて、彼らのプライドと絆を感じさせてくれるのです。

まあ、生田斗真演じるゲイツは、かなり頭も良く、イケメンだし、それだけの知恵があれば、そこまで転落することはないのではないかとも思えますが…。
まあ、そんな天才的な人物でも、ひょんなきっかけであそこまで転落してしまうという、現代社会の恐ろしさが表現されているのかもしれません。

映画『予告犯』、現代社会の恐ろしさと人間の優しさ、ふたつの相反する要素を同時に感じさせてくれる中村義洋監督らしい複雑な余韻を感じさせる社会派エンターテインメント・ムービーと言えるでしょう。

『予告犯』(119分/日本/2015年)
公開:2015年06月06日
配給:東宝
劇場:全国にて
原作:筒井哲也
監督:中村義洋
脚本:林民夫
音楽:大間々昴
出演:生田斗真鈴木亮平戸田恵梨香濱田岳荒川良々宅間孝行坂口健太郎窪田正孝小松菜奈/福山康平/田中圭滝藤賢一本田博太郎小日向文世/仲野茂
Official Website:http://www.yokoku-han.jp/

映画「予告犯」オリジナル・サウンドトラック
オリジナル・サウンドトラック
SMD itaku (music) (2015-06-03)
売り上げランキング: 19,819
予告犯 1 (ヤングジャンプコミックス)
筒井 哲也
集英社 (2012-04-10)
売り上げランキング: 1,528
白ゆき姫殺人事件  Blu-ray
白ゆき姫殺人事件 Blu-ray
posted with amazlet at 15.05.29
松竹 (2014-09-03)
売り上げランキング: 6,621
みなさん、さようなら [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル (2013-06-05)
売り上げランキング: 67,180
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。