【映画レビュー】プリンセスと魔法のキス / The Princess and the Frog

プリンセスと魔法のキス

ディズニーの2Dアニメ最新作『プリンセスと魔法のキス』
この作品、2009年の制作だというのに、今どき2D、かつ手書きで作られているアニメです。

でも、とっても新しく、とっても可愛らしく、とっても面白い。
まさに、“故きを温ねて新しきを知る”とでもいうところでしょうか。

特に、ワーキング・レディにはかなりオススメできるアニメです。
でも、子どもにはオススメしないかなぁ。
かなり恐ろしげな映像もあるので、小さい時に観たならば、トラウマになりそうな気がします。

<STORY>

プリンセスと魔法のキス MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

レストランを出すことを夢見ているティアナは、朝から晩まで働いていた。ある日、ティアナの住むニューオリンズにマルドニア王国の王子がやって来ることに。王子様との結婚を夢見る資産家の娘・シャーロットは、王子のために舞踏会を開催する。しかし王子は、魔術師に騙されてカエルに姿を変えられていた。シャーロットの家に手伝いに行ったティアナは、カエルになった王子を発見。元の姿に戻りたい王子に頼まれて、キスをするが…。

<解説>

プリンセスと魔法のキス

実は、私はあまりディズニーアニメを観たことがなく…。
なんとなく、かわいこちゃん(死語?)のお姫様が、素敵な王子様にキスされて、タナボタ式に幸せになる話ばかりなのだろうと思っていたのです。
いや、実際そういう話だけじゃないのはもちろん知っているのですが、イメージとして、ね。

というわけで、ディズニーのプリンセスアニメをちゃんと通して観たのは、この作品『プリンセスと魔法のキス』が実は初めてでした。

でも! この『プリンセスと魔法のキス』を観て、今まで抱いていたイメージが覆されてしまいました。

何と言っても、この作品のヒロイン・ティアナは、アメリカ南部のニューオリンズで、ダブルワークまでしながらお金を貯める、ワーキング・ガール。
ティアナは戦争で亡くなった父親の夢だったレストラン経営を実現するため、お客さんからもらったチップを少しずつ貯めているのです。
そして、これは画期的なことだと思うのですが、ティアナはアメリカ南部の労働者階級出身の、アフリカ系アメリカ人なのです。

さらにこの作品が描いている王子様像も、かなり画期的。
マルドニア王国の王子・ナヴィーンは、いわゆる“プリンス・チャーミング”。
容姿と家柄は申し分ないのですが、なんといっても生活力がない。
歌って踊って、遊んで暮らすのが大好きで、仕事なんか高貴な自分はする必要はないと思っている。
お育ちがいいので、性格が悪いわけではないのですが、なんとも世間知らずな、日本風に言うと“バカ殿”なわけです。

魔術師と側近に騙されてカエルに姿を変えられたおバカな王子は、ティアナに助けを求め、ティアナをもカエルに変身させてしまいます。
そこで元の姿に戻るためにふたりで旅をするのですが、この旅の間に、王子は鼻もちならないバカ王子から、思慮深く自己犠牲の精神を知る男性(と言っても姿はカエルのままですが)に変わって行きます。

この、男性を精神的に成長させて行くティアナのテクニックってば…、私にとっては見習うべき点が多数ありました。
なるほど…、決して男性のプライドを傷つけず、簡単な仕事から任せて行き、それが出来たら最大限の賛辞を贈るのか…。でも、たまに悪いことをしたら、きちんと叱ると。
と、こう書いていくと、男性を育てるというよりは、子どもを育てるテクニックのようですね。
まあ、(自分も含めて)精神的に子どもっぽいままの大人の多い今の時代、それで間違ってはいないのかもしれませんね。

そんなわけで、仕事はバリバリできるけれど、恋人とはうまくいかないというワーキング・レディには、ぜひ観ていただきたいと思った映画なのでした。

もちろん、他にも見どころは多数です。
手書きアニメの優しい線や美しい色あい、ニューオリンズという土地柄を活かしたジャズ・ミュージカル。
ジャズ・セッションを夢見るワニのルイスに、エバンジェリーンに叶わぬ恋をするホタルのレイ、197歳の魔術師のママ・オーディや、少女のままに大人になったような天真爛漫な金持ち娘のシャーロットなどの、数々の魅力的なキャラクター。

ミュージカル・シーンも楽しいし、ぜひとも多くの人に観て欲しい一作です。
観終わった後にはきっと、ガンボとベニエが食べたくなるはず…。

『プリンセスと魔法のキス』(97分/アメリカ/2009年)
原題:The Princess and the Frog
公開:2010年3月6日
配給:ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン
劇場:全国にて
監督:ジョン・マスカーロン・クレメンツ
製作:ピーター・デル・ヴェッコ
声の出演:ジョン・グッドマン/アニカ・ノニ・ローズ/キース・デヴィッド/ブルーノ・カンポス/ジェニファー・ルイス
公式HP:http://www.disney.co.jp/movies/pkiss/

プリンセスと魔法のキス MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ディズニー(出演), ジョン・マスカー(監督), ロン・クレメンツ(監督)
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2019-04-24T00:00:01Z)
4.5outof5stars
¥1,998 (中古品)
プリンセスと魔法のキス [DVD]
アニカ・ノニ・ローズ(出演), ブルーノ・カンポス(出演), キース・デヴィッド(出演), ジェニファー・ルイス(出演), ジョン・マスカー(監督), ロン・クレメンツ(監督), ジョン・ラセター(その他), ジョン・マスカー(脚本), ロン・クレメンツ(脚本), ロブ・エドワーズ(脚本)
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン (2011-10-17T00:00:00.000+09:00)
4.5outof5stars
¥3,530
プリンセスと魔法のキス
プリンセスと魔法のキス
posted with AmaQuick at 2021.04.14
ティアナ・アンド・ハー・プリンセス・フレンズ(アーティスト)
WALT DISNEY RECORDS (2010-03-09)
5.0outof5stars
¥780
プリンセスと魔法のキス (ディズニーアニメ小説版)
アイリーン・トリンブル
偕成社
売り上げランキング: 441730
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存