【映画レビュー】サラリーマンNEO 劇場版(笑)

サラリーマンから足を洗って、早2年以上が経ちます。
10年以上、サラリーマンをやっていたけれど、今思い返してみれば、けっこう楽しかったな…。

なんて、ちょっと思わせてくれた映画『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』

阪神ファンでテキトーなことばっかり言ってる関西人の課長、社長の思いつきでコロコロ変わる施策、ウザいながらも楽しい飲み会、やってるはずなのにいっこうに前進しないプロジェクト…。

思わず「あるある!」とヒザをうつ“サラリーマンあるある”が満載のこのコメディ映画、サラリーマンを体験したことのある人ならば、きっと楽しめるだろうと思います。

<STORY>
業界第五位のパッとしないビール会社、NEOビールの新入社員・新城誠。泥臭い営業廻りやサラリーマン的な飲み会になじめず、営業成績もダメな新城は鬱屈した日々を送っていた。上司である阪神タイガース命の中西課長にも励まされるが、新城は素直に受け入れられない。ある日、新城が思いつきで提案した「セクシービール」が商品化されることが決定。新城をリーダーとする“セクシービール開発プロジェクト”がスタートすることになる…。

<解説>
NHKの人気コント番組「サラリーマンNEO」の映画化作品である本作。
私はテレビ番組も好きでよく見ているのですが、映画化のニュースを聞いた時はいったいどんな作品になるのかと、ちょっと不安に思っていました。

が、そんな不安は杞憂。コントでありながらも、しっかりとストーリーのある映画に仕上がっていました。
主演は、テレビ番組のロゴにもなっている生瀬勝久と、この映画きっかけで番組にも出演するようになった小池徹平
新入社員とその上司という設定で、車輪の両軸として映画を引っ張って行きます。
この二人以外にも、芸達者な俳優陣が、いかにも楽しそうに、のびのびと演じている感じもステキです。

個人的にうれしかったのは、中越典子の“大橋”、麻生祐未の“白石の妻”、平泉成の“新入社員・早川”のキャラクターが映画にも出ていること。
このキャラ、大好きなんですよね。。。出て来ただけでニヤニヤしちゃいました。

他にもテレビ番組のレギュラー陣も総出演しているし、AKB48の篠田麻里子も派遣社員の受付嬢役で出演しています。
低予算を逆手にとったコント演出や、NHKらしい時事問題を取り入れた問題提起(というほどのものではないかも…)、NHKらしからぬ一般企業とのコラボレーションなど、様々な試みもなされているこの作品。

番組ファンなら必ず、番組ファン以外の人も、きっと楽しめるはず。
難しいことは考えずに、気軽に大笑いして楽しみたい作品だと思います。

『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』(108分/日本/2011年)
公開:2011年11月3日
配給:ショウゲート
劇場:新宿ピカデリーほか全国にて
監督:吉田照幸
出演:小池徹平生瀬勝久田口浩正中越典子入江雅人篠田麻里子伊東四朗麻生祐未宮崎美子平泉成沢村一樹郷ひろみ堀内敬子マギー山西惇田中要次八十田勇一池田鉄洋中山祐一朗中村靖日野間口徹深水元基原史奈瀬戸カトリーヌ奥田恵梨華大杉漣金子さやか中田有紀冨士眞奈美
公式HP:http://www.neo-movie.com/

NHK DVD サラリーマンNEO ザ・ベスト 爆笑コント29連発!!
ポニーキャニオン (2011-10-05)
売り上げランキング: 2261
NHK DVD サラリーマンNEO セクスィー部長 ~瞬殺フェロモン17連発!~
ポニーキャニオン (2010-04-21)
売り上げランキング: 7988
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。