【映画レビュー】プーと大人になった僕 / Christopher Robin

プーと大人になった僕

英国の作家A.A.ミルンによって生み出され、ディズニー映画で人気となった「クマのプーさん」。このプーさんとクリストファー・ロビンの物語を実写化したのが、本作『プーと大人になった僕』です。

実写映画といっても、さすがディズニー。
1926年に描かれた物語をただ実写化するのではなく、きちんと現代にそくした形で物語化しています。

原題が「Christopher Robin」ということからもわかるように、物語の主人公は大人になったクリストファー・ロビン。ユアン・マクレガーが大人になったクリストファー・ロビンを演じ、多くの現代人が抱える問題を、我々に突きつけています。

<STORY>

映画ポスター プーと大人になった僕 Christopher Robin プーさん ディズニー US版 hi11 [並行輸入品]

幼い頃、100エーカーの森でくまのプーや仲間たちと過ごしていたクリストファー・ロビン。大人になった今はロンドンの旅行かばん会社で働いていた。仕事に追われ休日もままならない彼の前に、ある日、あの頃のままのプーが現れる。プーとともに100エーカーの森を再訪したクリストファー・ロビンは、大事な書類を忘れてきてしまう。忘れ物に気づいた彼の娘のマデリンは、プーや森の仲間たちとともに、書類を届けるためにロンドンへ旅立つが…。

<解説>

映画ポスター プーと大人になった僕 Christopher Robin ディズニー US版 hi1 [並行輸入品]

実は私、あまり子どもの頃ディズニー作品にはなじみがなく…。プーさんの本性がぬいぐるみだということすら知らなかったのですが、そんな私にでさえ、この映画はぐっと心に響きました。

かつて100エーカーの森でプーさんたちと愉快に過ごしていたものの、成長して森を離れたクリストファー・ロビン。
寄宿学校に入り、戦争を体験し、恋愛し、結婚し。
昔のことをすっかり忘れ、今では日々、仕事に追われています。
「家族のために」と言いつつも、家族との時を犠牲にして仕事に打ち込むクリストファー・ロビンの姿は、仕事に終われる現代の大人たちに重なってしまいます。

しかし、森に戻ってーやイーヨー、ピグレット、ティガーたちと再会し、「何が一番大切なのか」を思い出させてくれるのです。
そして家族の大切さと、自分がするべきことに気づき、家族や会社の仲間たち、そして森の仲間たちをハッピーにしていくのでした。

「何もしない」をすることって、とっても贅沢で、自分を取り戻すためにとても重要なことなのですね。。。

『プーと大人になった僕』(104分/アメリカ/2018年)
原題:Christopher Robin
公開:2018年9月14日
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
劇場:全国にて
原作:A.A.ミルン
製作:ブリガム・テイラー/クリスティン・バー
製作総指揮:レネ・ウルフ/ジェレミー・ジョーンズ
監督:マーク・フォースター
脚本:トム・マッカーシー/アレックス・ロス・ペリー/アリソン・シュローダー
音楽:クラウス・バデルト
出演:ユアン・マクレガーヘイリー・アトウェル/オートン・オブライエン/ブロンテ・カーマイケル/マーク・ゲイティス
声の出演:ジム・カミングスブラッド・ギャレット/ニック・モハメッド/トビー・ジョーンズピーター・カパルディソフィー・オコネドー/ワイアット・ディーン・ホール
Official Website:https://www.disney.co.jp/movie/pooh-boku.html

プーと大人になった僕
プーと大人になった僕
posted with amazlet at 18.10.13
サントラ Mitsuaki Kanuka Tessho Genda Isamu Ishizuka Mitsuru Ogata Naoki Tatsuta Ryoichi Fukuzawa Miwa Sugai Kousei Kimura
ユニバーサル ミュージック (2018-09-12)
売り上げランキング: 7,909
【映画パンフレット】プーと大人になった僕 
東宝 ディズニー
売り上げランキング: 3,357
ディズニーキャラクター プーと大人になった僕 リアルサイズ ぬいぐるみ くまのプーさん 高さ60cm
タカラトミーアーツ(TAKARATOMY A.R.T.S) (2018-09-01)
売り上げランキング: 1,474
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存