【映画レビュー】キツツキと雨

キツツキと雨(役所広司、小栗旬出演) [DVD]

『南極料理人』の沖田修一監督が、映画撮影の地方ロケでの若手監督と60歳の木こりのおじさんとの交流を描いた映画『キツツキと雨』

実際に映画監督の経験を持つ小栗旬がが主人公の映画監督を、木こりのおじさんを役所広司が演じています。

小規模な映画撮影現場の“現場あるある”や、沖田監督自身の体験談なども盛り込まれており、映画ファンにはうれしい作品と言えるでしょう。

<STORY>
山間の村に、ホラー映画の撮影隊がやって来た。偶然その撮影隊と出会った60歳の木こり・岸克彦は、彼らの撮影を手伝うこととなる。現場を仕切らなければならないはずの監督の田辺幸一は、スタッフたちに強く言うことができない。当初、そんな幸一にいらついていた克彦だが、自分の息子・浩一と同じコウイチという名前で同じ25歳ということもあり、だんだんと親しみを抱くようになる。幸一と克彦は、親子のように心を通わせていくが…。

<解説>
役所広司演じる木こりの克彦さんは、毎日単調な日々を送っています。
妻を亡くし、息子の浩一(高良健吾)と二人暮らし。

毎日、食事を作って、洗濯をして、仕事に行って…と、男やもめの日々の繰り返し。
しかも、息子の浩一は言うことを聞かず、定職にも就かず、「俺は東京へ行く!」と勝手に家出してしまったり。

そんな中、村にやって来た映画の撮影隊に出会った克彦さん。
最初はうさんくさく思っていたものの、やがてそのお祭り騒ぎに巻き込まれていきます。

頼りない若手監督の田辺幸一と会っているうちに、だんだんと息子と話しているような気分になってきます。
実の息子の浩一には言えないようなアドバイスも、幸一には素直に言えたり…。
それは、幸一も同じです。
実の父には言えない思いも、克彦さんには言うことができます。
そして、克彦さんの言葉を、父からの言葉のように聞くのです。

そんな“疑似親子”は、映画製作のために協力し合います。
そして、克彦さんは自らの経験や人脈を活かして幸一を助け、幸一は自らの殻を破り、堂々と“映画監督”として現場を仕切れるようになるのでした。

お互いが成長した後の、克彦さんと幸一の疑似親子、そして克彦さんと浩一の実の親子の姿は、それぞれとてもいい雰囲気です。
何も口に出さずとも言いたいことはわかり合えていたり、知らず知らずのうちに同じ行動をしていたり。
特に、克彦さんと浩一の食事のシーンは、日常を共にしている家族だからこその同じ行動が、とても微笑ましく見えるのでした。

沖田修一監督のこの作品、第24回東京国際映画祭にて審査員特別賞を受賞し、さらに第8回ドバイ国際映画祭のアジアアフリカ部門にて最優秀男優賞(役所広司)、脚本賞(沖田修一、守屋文雄)、編集賞(佐藤崇)を受賞しています。
独特のコミカルな雰囲気で、映画製作ドラマとしても人間ドラマとしても楽しめるこの作品。
幅広い魅力を持った一作だと思います。

MYLOHASニュース:役所広司さん主演映画『キツツキと雨』 監督×高良健吾さん対談インタビュー:https://www.mylohas.net/2012/02/012197post_341.html

『キツツキと雨』(129分/日本/2011年)
公開:2012年2月11日
配給:角川映画
劇場:角川シネマ有楽町ほかにて
監督・脚本:沖田修一
主題歌:星野源
出演:役所広司小栗旬高良健吾臼田あさ美古館寛治嶋田久作平田満伊武雅刀山崎努/黒田大輔/森下能幸高橋努
公式HP:http://kitsutsuki-rain.jp/

キツツキと雨  ユートピアを探して
沖田 修一
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 166518
キツツキと雨
キツツキと雨
posted with amazlet at 12.01.24
オムトン(omu-tone)
ビクターエンタテインメント (2012-02-08)
売り上げランキング: 111591
南極料理人 [DVD]
南極料理人 [DVD]
posted with amazlet at 12.01.24
バンダイビジュアル (2010-02-23)
売り上げランキング: 2411
シュアリー・サムデイ ブルーレイ [Blu-ray]
角川映画 (2011-01-07)
売り上げランキング: 93641
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。