あの日の声を探して / The Search

ポスター アクリルフォトスタンド入り A4 パターンB あの日の声を探して 光沢プリント

主人公のハジを演じる男の子、アブドゥル・カリム・ママツイエフくんの、困ったような八の字眉毛と涙をいっぱいに溜めた目が、とにかく印象に残るこの映画『あの日の声を探して』
言葉を発することもできずに、音を立てないように、ただ身を守ろうとするその仕草が、切なくてなりませんでした。

観終わった後、「ああ、これは映画なんだ、この子は役としてハジを演じているんだ、こんな男の子は実際にはいないんだ…」と、とにかくほっとしたのを覚えています。
オールグルジアロケで、手持ちカメラで撮影されたというこの作品、その荒廃した風景を始め、とにかくリアリティたっぷりで、冒頭のPOVシーンから、まるでドキュメンタリーのように感じてしまっていたのでした。。。

とはいえ、ハジは映画の登場人物ではあるものの、ハジのように家族とはぐれて街をさまよった経験を持つ子どもたちは大勢いるのでしょう。そして、その全員が、ハジのように手を差し伸べられることもないのでしょう。

『アーティスト』ミシェル・アザナヴィシウス監督が挑んだこの作品、世界のある場所で起こる哀しい物語を、衝撃的な形で世界に紹介してくれました。

<STORY>
1999年、チェチェン。9歳の少年・ハジはロシア軍の兵士に両親を銃殺され、姉も行方不明となり、赤ん坊の弟と二人で残されてしまう。途方にくれたハジは、知らない人の家の前に弟を置き去りにし、一人放浪する。なんとか街に辿り着いたハジは、フランスから紛争の調査に来たEU職員のキャロルと出会う。しかし、彼はショックで声が出なくなっていた。キャロルはチェチェンの現実に自分の無力さを感じながらも、喋らないハジの世話を始める。

<解説>

ポスター A4 パターンA あの日の声を探して 光沢プリント

1948年に製作されたフレッド・ジンネマンの映画『山河遥かなり』(原題:The Search)。
ユダヤ人収容所に送られ、母と生き別れになった少年をアメリカ兵が助けるというこの映画のストーリーを1999年、第二次チェチェン紛争時のチェチェンに置き換えて製作されたのが、本作『あの日の声を探して』です。

この映画には、メインの登場人物が4人います。

一人は、両親を殺され、姉も殺されたと信じ込み、ショックで口がきけなくなりつつも、一人で街を彷徨う9歳のチェチェン人少年・ハジ(アブドゥル・カリム・ママツイエフ)。
そして、ハジの姉で、両親を目の前で射殺された後、はぐれた弟たちを一人で探す17歳の少女・ライッサ(ズクラ・ドゥイシュビリ)。

一人はフランスからチェチェン紛争の人権被害を調査するために調査にやってきた女性・キャロル(ベレニス・ベジョ)。

そしてもう一人、ロシア辺境の街でのんきに暮らしていたはずなのに、突然ロシア兵に徴兵されてしまい、先輩兵たちから過酷なしごきにあうコーリャ(マキシム・エメリヤノフ)。

この4人の誰もが、それぞれの生まれ故郷で普通に暮らしていた、市井の人々です。
善良でも、邪悪でもなく、ただ日々をせいいっぱい生きる人々なのです。

なのに、紛争の現場に放り込まれ、大きく人生を変えていきます。
戦争という大きな状況の最中で、悲劇に巻き込まれたり、ささやかではあるけれど希望を見出したり、人間性をまったく変えられてしまったり…。

この登場人物たちの物語で、私が一番心を打たれたのは、ロシア人青年・コーリャの物語です。
ただ、普通の若者として生きていたはずなのに、自分の意志とは関係なく、国家により強引な方法で兵士にされ、やがて人を殺すこともなんとも思わなくなっていく…。
笑いながら残忍に人を殺す兵士も、最初はそんな殺人マシーンではなかったのです。
ただ、状況に応じて対応していくうちに、殺人を罪と感じなくなっていく、コーリャの変化を通して、その過程がよくわかるように描かれています。

実は、この映画の構成には、ある秘密が隠されています。
ミシェル・アザナヴィシウス監督は、国家が人権の蹂躙を繰り返し、何度も悲劇を作り出し、殺人マシーンが何人も作り出される、その地獄のようなループを観客に思い知らせてくれます。

このループは断ち切られるのだろうか。我々一人一人が、このループを断ち切らなければならない。
まったく、希望がないわけではないのだ…。

そんな、監督の意志を感じさせた、残酷で力強いこの作品。
ハッピーな映画愛に満ちた『アーティスト』とは全く違う作風で、現代の紛争問題を抉り出した意欲作だと思います。

『あの日の声を探して』(135分/フランス=グルジア/2014年)
原題:The Search
公開:2015年04月24日
配給:ギャガ
劇場:TOHOシネマズ シャンテほか全国にて順次公開
原案:フレッド・ジンネマン
監督・脚本:ミシェル・アザナヴィシウス
出演:ベレニス・ベジョアネット・ベニング/マキシム・エメリヤノフ/アブドゥル・カリム・ママツイエフ/ズクラ・ドゥイシュビリ
Official Website:http://ano-koe.gaga.ne.jp/

山河遥かなり [DVD] FRT-070
山河遥かなり [DVD] FRT-070
posted with amazlet at 15.05.27
ファーストトレーディング (2006-12-14)
売り上げランキング: 42,093
アーティスト コレクターズ・エディション [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2012-10-17)
売り上げランキング: 22,134
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。