【映画レビュー】ノマドランド / Nomadland

ノマドランド映画チラシ 2021年03月公開 『ノマドランド NOMADOLAND』

アメリカで最近増えているという、家を持たない高齢労働者たち。
ノマドと呼ばれる遊牧民のように仕事のある場所や目的地を点々としながら、キャンピングカーで暮らしています。
クロエ・ジャオ監督による映画『ノマドランド』は、このノマドたちの人生の彷徨を描いています。

彼らはなぜ放浪するのか。
家もなく、財産と言えば車のみという彼らの生活は、一見、経済の底辺にいるように見えます。
しかし、彼らの姿を見ているうちに、それは間違いであることがわかってきます。
彼らは強い意思を持ってノマドとなり、キャンピングカーで暮らしているのです。
“ホームレス”ではなく、“ハウスレス”として。

映画を観るうちに、クロエ・ジャオ監督が描きたかった、彼らの孤高の魂の姿が見えてくるはずです。

<STORY>
不況の煽りで町ごと閉鎖されることとなったネバダ州にある企業城下町・エンパイア。この町で暮らしていた女性・ファーンは家も仕事もなくすこととなり、亡き夫の思い出を積んだ一台のキャンピングカーで放浪の旅に出る。ノマドとなった彼女は、アマゾンの配送センターやキャンプ場で働いたり、ノマドの先人であるボブ・ウェルズがアリゾナ州のクォーツサイト砂漠で開く集会“RTR”などに参加しながら、ノマドの友人たちと交流していく。

<解説>
アカデミー賞を二度も受賞している女優フランシス・マクドーマンドが製作・主演を務めた本作。
フランシス・マクドーマンドが、暮らしていた町が閉鎖されて家を亡くし、キャンピングカーでアメリカの大地を彷徨う女性・ファーンを演じた話題作です。

ファーンが暮らしていたネバダ州のエンパイアは、USジプサム社の企業城下町。町全体を所有していたUSジプサム社の工場の閉鎖とともに、町自体が完全に閉鎖されることになったのです。郵便番号すら、抹消されてしまったそう。

日本で暮らしていると、“町が閉鎖される”というのは、なんとなく想像し難い事態に思えます。
過疎化が進んで町で暮らす人がいなくなったり、震災や原発事故などで避難を余儀なくされて町に住めなくなったり、というわけではありません。
一つの企業が工場を撤退させる決定を下したことで、その町で暮らしていた人々全員が、町を出て別の地で暮らさなければならなくなってしまうのです。

そこで別の町に移って仕事を見つけられればいいのですが、高齢者などはそううまくもいきません。
そして、キャンピングカーやトレーラーなどで暮らす高齢者がどんどん増えているのです。

ジェシカ・ブルーダーは著書「ノマド:漂流する高齢労働者たち」で、その現実を描き出しました。

本作『ノマドランド』はこの「ノマド:漂流する高齢労働者たち」を読んだフランシス・マクドーマンドが企画し、『ザ・ライダー』で注目を集めるクロエ・ジャオ監督を起用し、映画化した作品です。
原作では、“ノマド”である高齢労働者たちの存在は、社会的な問題の一つであり、放浪せざるを得ない社会的弱者のようにも描かれています。
しかし、この映画の中に登場するノマドは、皆“自分の意思でノマド生活を選択した”人たち。
社会の辺縁でノマドとして暮らすことは冒険であり、一つの生き方なのです。

この映画に登場するノマドたちは、フランシス・マクドーマンド演じるファーンとデヴィッド・ストラザーン演じるデイブ以外、みんな本当のノマドたち。
リンダ・メイ、スワンキー、ボブ・ウェルズ、彼らは大地の上で出会い、「またね」と言って別れ、またどこかの大地で再会するという生活を送っている、本当のノマドなのです。

彼らのようなノマドのメンターたちと共に、撮影隊は7つの週を5ヶ月かけて周り、撮影を行ったそう。
この間、フランシス・マクドーマンドはアマゾンの配送センター、赤カブの収穫工場、国立公園のキャンプ場、観光客向けのカフェなどで実際に働いていたそう。
そうやってノマドとして暮らし、働きながら、荒野の中、岩山の中、森の中、星空の下、ハリケーンの中など、大地で暮らすファーンの精神を理解していったのです。

広大な大地を身一つでさすらうノマドたちは、何者にも縛られず、新しい価値観で生きる新時代のアメリカン・ドリームの体現者とも言えるでしょう。
1982年に北京で生まれ、イギリスからアメリカへ移住してきたクロエ・ジャオ監督は、アメリカの大地に根ざした現代のアメリカン・ドリームの在り方を、美しく雄大な映像で描き出してくれました。

 
<関連ニュース>
【映画ニュース】第93回アカデミー賞主要6部門でノミネート!『ノマドランド』著名人コメント到着:http://c-movie.jp/news/nomadland_comment/

 
『ノマドランド』(108分/アメリカ/2020年)
原題:Nomadland
公開:2021年3月26日
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
劇場:全国にて
原作:ジェシカ・ブルーダー「ノマド:漂流する高齢労働者たち」(春秋社)
監督・製作・脚色・編集:クロエ・ジャオ
製作:モリー・アッシャー/ピーター・スピアーズ
音楽:ルドヴィコ・エイナウディ
撮影監督:ジョシュア・ジェームズ・リチャーズ
製作:出演:フランシス・マクドーマンド
出演:デヴィッド・ストラザーン/リンダ・メイ/ボブ・ウェルズ
Official Website::https://searchlightpictures.jp/movie/nomadland.html

 

ノマド: 漂流する高齢労働者たち
ジェシカ・ブルーダー(著), 鈴木 素子(翻訳)
春秋社 (2018-10-22T00:00:01Z)
4.1outof5stars
¥2,640
ノマドランド映画チラシ 2021年03月公開 『ノマドランド NOMADOLAND』
ノーブランド品
ノーブランド品 ()

¥1 (コレクター商品)

(C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存