【映画レビュー】ドリーム ホーム 99%を操る男たち / 99Homes

ポスター/スチール写真 アクリルフォトスタンド入り A4 パターンA ドリーム ホーム 99%を操る男たち 光沢プリント

2007年から2008年にかけて、サブプライムローン問題リーマン・ショックなど、アメリカを中心に世界を揺るがした金融パニック。
この時代を舞台に、家を奪われることになった庶民と、借金を抱えた庶民から家を奪い取り自分は暴利を得ている不動産ブローカーの姿を描いたのが、本作『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』です。

この映画の舞台となるフロリダ州は、全米でもっとも住宅の差し押さえ率が高かった地域なのだとか。
“家”とはなんなのか、“金”とはなんなのか、観客がそれぞれ持つ主義によって、誰に感情移入するのか、かなり分かれそうな作品です。

 

<STORY>
建築業のスキルを持つデニス・ナッシュは、美容師の母親と幼い息子の三人でフロリダで暮らしていた。しかし、住宅ローンを滞納した彼は、家を追い出されてしまう。そんな中、不況のあおりで仕事のないデニスは、自分を家から追い出した不動産ブローカー、リック・カーバーの下で働くことに。デニスは自分の家を取り戻すため、自分と同じくローンを滞納した人々の差し押さえや追い出しの仕事で実績を上げ、カーバーの信頼を得ていく。
 

<解説>

ポスター/スチール写真 アクリルフォトスタンド入り A4 パターンB ドリーム ホーム 99%を操る男たち 光沢プリント

『ドリーム ホーム 99%を操る男たち(原題:99Homes)』というタイトルのこの映画。
このタイトルは、ノーベル賞経済学者のジョセフ・E・スティグリッツの著書「世界の99%を貧困にする経済」の中で唱えられた「世界中の富の1/4をたった1%の最富裕層が所有しており、残り99%は貧困である」という説からとられているそうです。

アンドリュー・ガーフィールド演じるこの映画の主人公、デニス・ナッシュは、ローンの返済ができず家を差し押さえされてしまう、貧困層の代表のような存在です。
そんな彼が、マイケル・シャノン演じる不動産ブローカー、リック・カーバーにスカウトされ、彼の下でグレーな仕事をすることになります。

デニスが手がける仕事は、借金を抱えた庶民から家を奪う非道な不動産ビジネスや、法や制度の隙間をついたグレーなビジネス。
そのビジネスで儲けたカーパーは、転売目的にいくつも家を所有し、本宅以外にも愛人に豪華な家を与えています。

カーパー自身ももともと裕福な家庭に育ったわけではなく、自らの知恵と才覚でのし上がってきた、成り上がりの不動産王です。
ギラギラした眼光が印象的なこの男も、今はリッチな生活をし、金をうなるほど持ってはいますが、言ってみれば“99%”の側の男。
“99%”から“1%”の側へのし上がるために、魂を売った男なのです。

そう考えると、この物語はとても哀しい物語でもあります。
99%の貧困層が、貧困層同士で苦しめ合い、1%の最富裕層は何一つ手を汚すことなく、肥え太っていく…。

ワルになろうとしてもなりきれず、高校生のような純粋な瞳で苦しむアンドリュー・ガーフィールド、人を金儲けの手段としてしか見ず、顔色一つ変えずに人を陥れていくマイケル・シャノン。
対照的なようでいながら、結局は同じ穴のムジナの二人の男の生き様、それぞれにどこか共感でき、どこか嫌悪感を抱いてしまうこの作品。
アメリカの物語ではありますが、現代に生きる人間としては、決して他人事ではない、見応えのある一作です。

 

『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』(112分/アメリカ/2014年)
原題:99Homes
公開:2016年01月30日
配給:アルバトロス・フィルム
製作国:ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国にて順次公開
原案・監督・脚本:ラミン・バーラニ
原案:バハレ・アジミ
脚本:アミール・ナデリ
音楽:アントニー・パートス/マッテオ・ジンガレス
衣装:メーガン・カスパーリグ
撮影:ボビー・ブコウスキー
出演:アンドリュー・ガーフィールドローラ・ダーンマイケル・シャノンクランシー・ブラウン/ノア・ロマックス/ティム・ギニー/アン・マホーニー/アルバート・ベイツ/J・D・エヴァーモア
Official Website:http://dreamhome99-movie.com/

 

世界の99%を貧困にする経済
ジョセフ・E・スティグリッツ
徳間書店
売り上げランキング: 62,540
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。