彼らが本気で編むときは、

映画「彼らが本気で編むときは、」サウンドトラック

生田斗真がトランスジェンダーの女性を演じていることで話題の映画『彼らが本気で編むときは、』
 ベルリン映画祭で上映されたLGBTをテーマにした作品の中で優れた作品に与えられるテディ審査特別賞を受賞するなど、高い評価を得ています。

海外の留学生活において多くのLGBTの友人がいたのに、日本に帰ってきてそういった人との交流が少なくなったことに違和感を抱いたという荻上直子監督が作り上げた本作。
LGBTという、すぐそばにあるのに理解されにくく誤解されやすいひとびとの姿を丁寧に描きつつ、多くの人が抱えているのにその問題から目を背けている家族の問題をくっきりと描き出してくれました。

<STORY>
家出したママに置いて行かれた小学校5年生のトモは叔父のマキオの家に向かう。マキオは、トランスジェンダーで元は男だったという恋人のリンコと暮らしていた。トモも最初は戸惑うが、リンコとだんだんと打ち解けていく。戸籍以外はすべて女性になっているリンコは、悔しい思いをするたびにその思いを編み物にぶつけ、“煩悩”を編んでいた。その“煩悩”が108個できあがったら、供養をして戸籍も女性に変更しようと決めていたのだ。

<解説>
この映画、『彼らが本気で編むときは、』はLGBTの問題を大きなテーマとした物語でありつつつ、いろいろな問題を抱えた家族、特に母親と子どもの関係性の物語でもあります。

小学生のトモは、母親に家出され、叔父のマキオの家で暮らし始めますが、そこで初めて疑似家族を経験し、家族から受ける愛や優しさを知るようになります。
トモの同級生のカイは、自分が自覚しつつある同性愛の傾向を母親から否定されたことに傷つきます。
彼らは実の母親に従属物のように扱われ、自分の価値観を認めてもらえないことに傷つきつつも、子どもであるがゆえに母親に抗うこともできない、弱い存在です。
そんな弱い存在の彼らをありのままに認め、優しい愛を教えてくれるのは、自身もマイノリティであるリンコたちでした。。。

この映画に出てくる家族の中で、血を分けた実の家族のほとんどは、いい関係を築けていません。
いい関係を築けているのは、他人同士からなる“疑似家族”や、元は他人同士がくっついた“夫婦”、“恋人”ばかりのように見えます。

それはやはり、他人同士だからこそ、相手を尊重することができ、相手をありのままに受け入れることができるからなのかもしれません。
「自分の子どもにはこうあって欲しい」、「自分の従属物として言う通りに従って欲しい」というように、相手の人権を認めずに自分の価値観を押し付けているようでは、やはりいい関係を築けないのでしょう。

この映画には、さまざまな母親が登場します。
娘を放置する母、何があっても我が子を守ろうとする母、偏見にとらわれて子どもを傷つけてしまう母、娘との適切な接し方がわからず傷つけあってしまう母…。

生まれた時の性別とは関係なく、母親に向いている人も、向いていない人もいるのです。
それは、生まれた時の性別とは関係なく体と心が違う性を抱える人がいるのと、まったく同じ。

生きづらいと感じるLGBT当事者がいるのと同じように、母親としてやっていくのに困難を感じる母親はいるのでしょう。

「母親だから子育てができて当然」
「母親が子供をしっかりと育てないといけない」
「母親だから」
「女だから」
「男だから」
「子どもだから」

そんな、世間の自覚なきレッテル貼りが、彼ら、彼女らを傷つけて、生きづらくさせています。
荻上直子監督は、そんなさまざまなレッテルに苦しんでいる人々に、この映画でエールを送っているように思えます。

生田斗真演じるトランスジェンダーの女性・リンコは、まさにその苦しんでいる人びとの象徴なのかもしれません。
不当に傷つけられることもあるけれど、目の前の現実や自分自身としっかり向き合うことで、自分を大切にすることができる。
自分をまるごと受け止めて愛してくれる恋人や、何があっても守ろうとしてくれる母親がいるということは、確かにとっても恵まれたことだけれど、その恵まれた環境を手に入れるまでに、彼女も大きな苦しみを乗り越えて自分や他者に“自分が自分であること”を認めさせたのです。

本来なら、何と戦う必要もなく“自分が自分らしくあること”、“その人がその人らしくあること”が認められる社会であればいいのですが…。

みんな、自分の本来の姿をさらけ出せばいい。
そして“煩悩”は昇華させてしまえばいい。
本気でやれば、きっとできる。

そんなメッセージを、勝手に受け取ってしまいました。

私も、息子がおっぱいを欲しがったらニセ乳を作ってあげられる、そんな母親になりたいものです。
それにしても、リンコにとっては、おっぱいを作ってくれる母親こそが、本当にいい母親なんでしょうね。。。

『彼らが本気で編むときは、』(127分/日本/2017年)
公開:2017年2月25日
配給:スールキートス
劇場:新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国にて
監督・脚本:荻上直子
撮影:柴崎幸三
照明:上田なりゆき
美術:富田麻友美
録音:瀬川徹夫
編集:普嶋信一
スタイリスト:堀越絹衣
フードスタイリスト:飯島奈美
音楽:江藤直子
出演:生田斗真桐谷健太/柿原りんか/小池栄子門脇麦柏原収史込江海翔田中美佐子ミムラりりィ
Official Website:http://kareamu.com/

映画「彼らが本気で編むときは、」サウンドトラック
Sony Music Marketing Inc. (2017-02-15)
売り上げランキング: 1,489
【映画パンフレット】彼らが本気で編むときは、
松竹
売り上げランキング: 13,777
彼らが本気で編むときは、
荻上 直子 百瀬 しのぶ
パルコ
売り上げランキング: 2,850
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存