破門 ふたりのヤクビョーガミ

『破門 ふたりのヤクビョーガミ』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)

黒川博行の人気シリーズ小説、「疫病神」シリーズ。イケイケやくざの桑原とズボラでぐーたら、貧乏な建設コンサルタントの二宮が活躍するこのシリーズでは、5作目の「破門」が直木賞を受賞しました。
この「破門」佐々木蔵之介関ジャニ∞横山裕主演で映画化されることとなりました。

この映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』は、大阪やマカオを舞台に、桑原&二宮がエセ映画プロデューサーや敵対するヤクザと追いかけっこする物語。大阪弁の軽妙なトークやテンポの良いやり取りが楽しい、一風変わったバディムービーです。

 
<STORY>
建築現場の揉め事をサバく仕事をしている建築コンサルタントの二宮啓之は、二蝶会のイケイケやくざの桑原保彦と共に、ヤクザとの仕事について映画プロデューサーを名乗る小清水から取材を受ける。二宮は幼い頃から世話になっている二蝶会の若頭・嶋田に小清水を紹介し、嶋田は小清水の映画に出資をすることに。しかし小清水は資金を持ったまま愛人と共に姿を消し、桑原と二宮は小清水を追うことに。実は小清水の背後には、二蝶会と対立する滝沢組も絡んでおり…。

<解説>

映画チラシ 破門 ふたりのヤクビョーガミ 佐々木蔵之介

たまに映画業界をざわつかせる、映画プロデューサーの出資金詐欺のニュース。
この映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』は、そんなエセ映画プロデューサー・小清水にしてやられたヤクザたちのために、二宮と桑原がお金を取り戻そうと小清水を追う物語です。

佐々木蔵之介演じる主人公の桑原はイケイケやくざ。魅力的なようでいてどこか空恐ろしさも感じさせるキレ者です。
そして、その桑原とコンビを組むのが、横山裕演じる建設コンサルタントの二宮。ズボラでぐーたらで貧乏という、言ってみればダメ男。ぶつくさと文句ばかり言いつつも、どこか憎めない男です。

関ジャニ∞の横山くんと言えば、白皙の美青年という感じで、とても端正なイメージなわけですが、この作品で彼が演じている二宮は、ズボラが過ぎてお風呂に入るのも服を脱ぐのも洗濯するのもめんどくさく、服を着たままお風呂に入って、バスタブで服を濡らして洗濯をしちゃおうと考えるような、汚いおっさんだったりします。
でもまあ、ぶつくさ文句ばっかり言っているシーンなんかは、かなり似合っていたりして…。新たな魅力開眼と言ったところでしょうか。

この作品、分類するとすれば、桑原と二宮の“バディムービー”になるのでしょうが、小林聖太郎監督曰く、二人の息が合いすぎないように気をつけたとか。
お互いに関西出身の佐々木蔵之介と横山裕、もちまえの芝居感の良さから、本読みの初日から息がぴったりあっていたそうで、「テンポが良すぎてはよくない!」とダメだししていたのだそうです。
確かに、本来ならば桑原と二宮は嫌い合っているのに、なんの因果か二人で行動する羽目になってしまう二人、という設定ですからね…。
俳優として勘が良すぎるのも、考えものなのかもしれません。

とはいえ、なんだかんだ言って二人のコンビネーションは絶妙だったりするので、苦苦しい顔をしながらもお互いに助け合う二人の演技には、ぜひご注目を。
「お前、俺のこと嫌いになったんか?」などという蔵之介さんのセリフなど、腐女子が喜びそうなポイントもあったりします。

『破門 ふたりのヤクビョーガミ』(120分/日本/2017年)
公開:2017年1月28日
配給:松竹
劇場:全国にて
監督・脚本:小林聖太郎
原作:黒川博行
脚本:真辺克彦/小嶋健作
撮影:浜田毅
照明:高屋斎
美術:西村貴志
録音:鈴木肇
出演:佐々木蔵之介横山裕北川景子橋爪功國村隼宇崎竜童木下ほうかキムラ緑子矢本悠馬中村ゆり橋本マナミ濱田崇裕佐藤佐吉山本竜二佐藤蛾次郎勝矢月亭可朝高川裕也
Official Website:http://hamon-movie.jp/

破門 (角川文庫)
破門 (角川文庫)
posted with amazlet at 17.01.10
黒川 博行
KADOKAWA (2016-11-25)
売り上げランキング: 3,167
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存