【映画レビュー】ワイルド・スピード SKY MISSION / Furious 7

ワイルド・スピード スカイミッション

ジェイソン・ステイサムの登場シーンからニヤニヤさせられ、メインキャラが登場するたびにワクワクし、車が空を飛んだりビルの間をジャンプする際には思わず声を出しそうになり、最後の大激戦の際には肉弾戦やガトリングガンの連射に大興奮し、最後には大号泣してしまった映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』

いやもう、感情を揺さぶられすぎて、観終わってしばらく経った後は、なんだか腹までたってきちゃいましたよ。
ポール…、みんなからこんなに愛されてるのに、なんで勝手にいなくなっちゃったのー!
挨拶もせずに行くのか? とか、泣ける。。。

<STORY>
ドミニクたちファミリーは、オーウェン・ショウ率いる国際犯罪組織を壊滅させ、レティを取り戻した。故郷のロスで平和な暮らしを始めた彼らだったが、ドミニクの家も爆破される。オーウェンの兄であるデッカード・ショウが復讐のため、ハンを殺し、ホブスを襲撃、さらにドミニクたちを狙っていたのだ。そんな時、デッカードを追う政府機関の男が現れ、ドミニク率いるブライアン、ローマン、テズらファミリーにある任務を依頼する。

<解説>

映画 ワイルド スピード SKY MISSION ポスター 約90x60cm The Fast and The Furious ワイルド・スピード スカイミッション ポール ウォーカー ヴィン ディーゼル [並行輸入品]

前作『ワイルド・スピード EURO MISSHION』の最後に大暴れ番長、ジェイソン・ステイサムが登場し、ファンをニヤニヤさせた「ワイルド・スピード」シリーズ
待望の『ワイルド・スピード SKY MISSION』、撮影中にメインキャストの一人であるポール・ウォーカーが不慮の交通事故で亡くなり、一時は完成も危ぶまれました。

しかし、ポールの出演シーンは半分以上撮影済だったということもあり、「ワイルド・スピード」シリーズの製作陣は、ポールの弟、ケイレブ・ウォーカーとコーディ・ウォーカーをボディダブルとして起用し、さらにCGを利用して、見事に作品を完成にこぎ着けました。
それがこの作品、『ワイルド・スピード SKY MISSION』

前作でファミリーたちが壊滅させた組織のボス、オーウェン・ショウ(ルーク・エヴァンス)は、病院で植物状態になっています。
そんな弟を見て怒ったのが、オーウェンのお兄ちゃん、デッカード・ショウ。
ジェイソン・ステイサム演じるデッカードは、英国特殊部隊出身で、英国政府も手を焼き、米国政府からも命を狙われている超強い一匹狼。
そんな超強い男が、ドミニク(ヴィン・ディーゼル)たちファミリーをターゲットに定めたから、さあ大変。

ロサンゼルスからアゼルバイジャンからアブダビまで、「なんで?どうやって行き先を知ったの?どうやって入ってきたの?」なんて疑問は横に置いておいて、とにかくしつこく追って来ては、派手に襲ってくるのです。

いやもうね、ステイサムが病院でいたずらしちゃってる最初から、ドウェイン・ジョンソンとステイサムの二大スキンヘッドが大格闘しているところから、カート・ラッセルがベルギービール自慢するところから、ヴィン・ディーゼルと仲間たちが車に乗って空を飛んじゃうところから、アゼルバイジャンの山奥ですっごいカーチェイス繰り広げちゃうところから、意外にもトニー・ジャーとポール・ウォーカーが格闘しちゃうところから、アブダビの3連の超高層ビルをヴィン・ディーゼルが窓ガラスをぶち割って車で移動しちゃうところから、ドウェイン・ジョンソンが点滴を引き抜いて無理矢理退院しちゃうところから、ドウェイン・ジョンソンが路上でヘリコプターに向けてガトリングガン連射しちゃうところから、三大スキンヘッドで格闘しちゃうところから、どこからどこまでも面白い。もう、大興奮です。
私がアメリカ人で、アメリカの映画館で観ていたら、ポップコーンをばらまきながら、いろいろ感嘆の言葉を男声で叫びながら観ていたことでしょう。

でもこの作品、面白いだけでは終わりません。
そう、最後には、シリーズ第一作からメインキャストとして登場してきたポール・ウォーカーをおくるシークエンスがあるのです。
これがもうね、泣かせる泣かせる。あの歌は反則です。
しかし、ちゃんと物語としてなりたっていて、ポールの事故死を知らない人でも、観ることができる。
素晴らしい脚本です。

最後に走馬灯のようにシリーズ当初からのポールの映像がフラッシュバックするのですが、若い頃のポールは本当にカッコいいわ。。。
あのまま歳をとらないなんて、本当にずるいです、ポール・ウォーカー。

この『ワイルド・スピード SKY MISSION』、シリーズ当初からファミリーを愛してきたファンにとっては、本当に最高傑作となりました。
ファンとしては、最高傑作じゃなくても、普通に面白いアクション作品として、ヴィン・ディーゼルとポール・ウォーカーのコンビをもっとずっと見続けていたかったよ、ポール。。。

 
<関連作レビュー>
ワイルド・スピード MEGA MAX / Fast Fivehttp://c-movie.jp/review/fast-five/
ワイルド・スピード EURO MISSION / Fast & Furious 6http://c-movie.jp/review/fast-furious-6/
ワイルド・スピード SKY MISSION / Furious 7http://c-movie.jp/review/furious7/
ワイルド・スピード ICE BREAK / The Fate of the Furioushttp://c-movie.jp/review/fast-furious-8/

 

『ワイルド・スピード SKY MISSION』(138分/アメリカ/2015年)
原題:Furious 7
公開:2015年4月17日
配給:東宝東和
劇場:全国にて
製作総指揮・脚本:クリス・モーガン
製作総指揮:サマンサ・ヴィンセント/アマンダ・ルイス
製作:ニール・モリッツ/マイケル・フォトレル
監督:ジェームズ・ワン
撮影:スティーヴン・ウィンドン
音楽:ブライアン・タイラー
製作・出演:ヴィン・ディーゼル
出演:ポール・ウォーカードウェイン・ジョンソンミシェル・ロドリゲスジョーダナ・ブリュースタータイリース・ギブソンクリス・“リュダクリス”・ブリッジスエルサ・パタキールーカス・ブラックジェイソン・ステイサムジャイモン・フンスー/ナタリー・エマニュエル/トニー・ジャーロンダ・ラウジーカート・ラッセルルーク・エヴァンス
Official Website:http://wildspeed-official.jp/

ワイルド・スピード スカイミッション
Various Artists
ワーナーミュージック・ジャパン (2015-04-08)
売り上げランキング: 26
ワイルド・スピード コンプリート・ムービー・コレクション [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2015-03-25)
売り上げランキング: 191
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。