デンデラ

70オーバーの超熟女たちが50人集合し、自分たちを捨てた村人や、野生の熊に戦いを挑むという映画『デンデラ』

若い女性はほとんど出演しておらず、迫力たっぷりの“かつて日本を代表していた”美女たちが、ぼろぼろの薄汚れた衣服に、煤けたメイクで登場しているこの作品。
しかも“姥捨山”がテーマとあれば、正直、若い観客を引き込むにはなかなか厳しい作品のような気がするのですが、なかなかどうして。

あの超娯楽時代劇『十三人の刺客』の脚本などを務めた天願大介が監督・脚本を手がけているだけあって、エンターテインメント要素、風刺要素もたっぷり入った怪作に仕上がっています。

いやー、それにしても、雪深い庄内映画村で撮影されたというこの作品、お年を召された女優さんたちがよくぞこんなに体を張って挑まれたなあと、本当に感心してしまいます。
雪の降りしきる中、踏み固められていない雪道をカンジキを履いて歩くなんて、若者でもいやがるでしょうに。。。

ボロボロの衣装やメイクで、過酷な状況での撮影に挑まれた女優さんたちからは、本当に俳優魂を感じました。

<STORY>
雪に閉ざされた姥捨山に捨てられた70歳の斎藤カユ。極楽浄土を夢見ながら気を失ったカユが再び目を覚ましたところは、老婆たちの暮らす共同体“デンデラ”だった。30年前に捨てられた三ツ屋メイが、このデンデラを作り上げたのだ。カユが来て、デンデラの人数が50人となったことを機に、メイは、かねてよりの計画を実行に移すことを決める。自分を捨てた村を恨んでいたメイは、老婆たち50人で村を襲撃し、村人の皆殺しを計画していた。

<Cheeseの解説>
1983年のカンヌ国際映画祭にてグランプリを受賞した、今村昌平監督の映画『楢山節考』
『楢山節考』は村の男が母親を姥捨山に捨てるまでの葛藤を描いた物語ですが、この映画『デンデラ』は捨てられた母親の“その後”を描いた物語です。

実は、天願大介監督は今村昌平監督のご子息。
まったく関連はないとはいえ、父親の代表作の後日譚的な作品を息子が監督するという、宣伝的にもなかなかよく出来たシチュエーションの作品です。

この作品の主人公は、70歳の斎藤カユ。
彼女は「70歳になったらお山に入り、静かに極楽浄土に行く」という、村の昔からの習慣を素直に受け入れ、素直に死んで行こうとしていました。
しかし、70歳を越え先にお山に入った老婆たちが、山奥で生きていたことを知り、カユのそれまでの価値観が揺るいでしまいます。
しかも、30年前に死んだと思っていた三ツ屋メイが、100歳になっても元気に生きていて、「村に復讐する」と怪気炎を上げているのです。
でも、カユはそんなメイの意見に素直に従えません。しかし、自分がどうすべきなのかもわからないのです。

「わしは女だから、今まで何にも考えたことがなかった。これまでは夫や村の男たちの意見を聞いて、それに従って生きて来た。だから、自分で考えろと言われても、どうしたらいいのかわからない」

デンデラに来たカユは、初めて“自分で考える”必要性に出会い、“どう行動したいか”を自分で選ぶようになるのです。
しかし、カユが“どう行動したいか”を選択し、その通りに行動しようとしても、それがそのまま実行できるわけではありません。
カユたちの前には、凶暴な親子熊、雪崩など、人智を越えた“大自然”が牙を剥き、襲いかかってくるのです。
カユにできることと言えば、必死で生き抜こうとし、自分の信じる道を進むことだけ。

ちっぽけな一個人であるカユに出来ることなんて、それだけしかないのです。
でも、それをしなければ、厳しい自然の中、人は野垂れ死ぬしかないのです。

このカユの姿は、2011年3月11日を体験した日本人には、とても象徴的に感じられるはず。
経済危機などを経て、今まで信じて来た価値観を根底から揺さぶられ、さらに自然の猛威を見せ付けられ、傷を負った私たち。
生き残った者たちは、何を信じるのか、何を選ぶのか、必死に自分の頭で考え、選択し、生き抜かなければならない。

2011年1月10日から2011年2月25日の約1ヶ月半の間に撮影したという本作ですが、3月以降の状況を示唆しているようにも思えます。
力のある芸術、力のある映画というものは、時に現実を超えて、世界の在りようを映し出してしまうものなのかもしれません。

しかし、そんな物語でありながら、その老婆たちの容貌や、襲い来るクマのチープな造形などから、じゃっかんB級カルトムービーっぽい匂いを感じさせるところも、ミソ。
でもよく考えると、「70オーバーの老婆たちが、自分たちを捨てた村に復讐を誓い、山奥で訓練を重ねる」というプロットを聞くと、カルトムービーにしか思えないですよね。。。
佐藤友哉の原作小説は未読なのですが、原作はどっちのテイストなのでしょうか。

世界も認める父親の代表作・『楢山節考』のその後の物語を映画化するということは、天願大介監督にとっては、大きなプレッシャーがあったはず。
しかし、そのプレッシャーに負けず、30年後の2011年にふさわしい、見事なアンサームービー(というのかな?)を作り上げてくれました。
天願監督と、過酷な環境の中で俳優魂を発揮した浅丘ルリ子草笛光子ら女優陣には、本当に敬意を表したいと思います。

別コラム:オトコに見せたいこの映画『デンデラ』

『デンデラ』(118分/日本/2011年)
公開:2011年6月25日
配給:東映
劇場:全国にて
原作:佐藤友哉
監督・脚本:天願大介
出演:浅丘ルリ子倍賞美津子山本陽子草笛光子角替和枝
公式HP:http://www.dendera.jp

デンデラ [DVD]
デンデラ [DVD]
posted with amazlet at 12.01.29
アミューズソフトエンタテインメント (2012-02-03)
売り上げランキング: 2261
デンデラ
デンデラ
posted with amazlet at 11.06.12
佐藤 友哉
新潮社
売り上げランキング: 170698
楢山節考 [DVD]
楢山節考 [DVD]
posted with amazlet at 11.06.12
東映ビデオ (2002-07-21)
売り上げランキング: 3944
楢山節考 (新潮文庫)
楢山節考 (新潮文庫)
posted with amazlet at 11.06.12
深沢 七郎
新潮社
売り上げランキング: 1981
十三人の刺客<Blu-ray>豪華版(特典DVD付2枚組)
東宝 (2011-05-27)
売り上げランキング: 657
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。