シン・シティ 復讐の女神 / Sin City: A Dame to Kill For

【国内盤】シン・シティ: ア・デイム・トゥ・キル・フォー

2005年に映画『シン・シティ』が公開された時、その斬新な映像美と作品の持つ鮮烈なパワーに驚かされたものでした。

実写でありながら現実感のない、まるでコミックからそのまま人が飛び出してきたような、モノクロームに鮮やかなパートカラーが印象に残る、これまで見たことのなかったような映像。
罪の街の住人たちの奇抜な造形に、セクシーでクールな衣装。
登場するジェシカ・アルバデヴォン青木たち、強烈なキャラクターの魅力もあり、友人たちに激推ししたものでした。

それから約10年の時を経て、続編『シン・シティ 復讐の女神』がやっと公開されます。

うーん、…前作が強烈過ぎたせいもあるのでしょうが、なんだかちょっと物足りなかったかな。
もちろん物語はそれなりに面白く、キャラクターも良いのですが(特にエヴァ・グリーン!)、前作を踏襲しているだけのようで、それ以上の新しさを感じられない気がするのが、ちょっと残念なところです。

<STORY>

ポスター アクリルフォトスタンド入り A4 パターンD シン・シティ 復讐の女神 光沢プリント

ロアーク上院議員に支配される街、シン・シティ。場末のストリップバー、ケイディでは今日もマーヴが酒を飲んでいる。ケイディの奥ではロアークたちが賭けポーカーをやっており、そこに流れ者のギャンブラー・ジョニーが現れ、勝負を挑む。ケイディのステージでは、愛する刑事を殺されたナンシーが、ロアークへの恨みを胸にダンスを踊る。その頃、私立探偵のドワイトのもとを、金持ちの男と結婚したかつての恋人・エヴァが訪れる…。

<Cheeseの解説>

ポスター アクリルフォトスタンド入り A4 パターンH シン・シティ 復讐の女神 光沢プリント

『300<スリーハンドレッド>』などの原作者としても知られるコミック・ライター&アーティストのフランク・ミラーが手がけたグラフィック・ノベル「Sin City」
この作品をロバート・ロドリゲスと原作者のフランク・ミラーが共同で監督した映画が前作『シン・シティ』、そして本作『シン・シティ 復讐の女神』です。

本作は「Just Another Saturday Night」「The Long, Bad Night」「A Dame to Kill For」「Nancy’s Last Dance」の4つのエピソードから成り立っています。

罪の街シン・シティで起こる、いくつもの罪。
罪人たちはストリップ・バー“ケイディ”で交錯しつつも、それぞれの罪へ走り出します。

どうしても前作を再現しているふうに見えてしまう本作の中で、出色なのはやはりエヴァ・グリーン演じる悪女エヴァ・ロードでしょう。
公開前にも彼女のセクシー過ぎるポスターが話題になりましたが、まさにそのポスターの通り必要とあらばなんのためらいもなく衣装を脱ぎ捨て、その裸体でシン・シティの男たちを惑わせていきます。
ダメだダメだと思いつつ彼女に惹かれていくジョシュ・ブローリン演じるドワイトが、なんとも哀れで…。
でも、骨の髄までの悪女に騙し尽くされ、あっさりと捨てられるのは、それはそれで男の本望なのかもしれませんが…。

このエヴァ・ロードの登場する「A Dame to Kill For」は、原作ファンに最も人気の高いエピソードだそう。
また、エヴァ・ロードはフランク・ミラー自身がとても気に入っているキャラクターだそうで、その力の入り方にはさすがというしかありません。
エヴァ・グリーン、『300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』のアルテミシア役でも見事な悪女ぶりを大胆に演じていましたが、これからフランク・ミラー作品の映像化には欠かせない女優になっていくかもしれませんね。

他にもう一人、印象的なキャラクターを挙げるとすればジョゼフ・ゴードン=レヴィット演じる流れ者ギャンブラーのジョニーでしょうか。
彼の登場する「The Long, Bad Night」はこの映画のために描き下ろされたオリジナル・エピソード。
フラリとケイディにやって来たジョニーは、ラッキーを引き当てては大金を手にし、その大金でロアーク上院議員にポーカーで大勝負を挑んでいきます。

果たしてジョニーは何者なのか?
何のためのロアークに捨て身の勝負を挑むのか?
そしてその勝負の結末は?

結果は、ぜひスクリーンで確かめて欲しいと思います。

『シン・シティ 復讐の女神』(103分/アメリカ/2014年)
原題:Sin City: A Dame to Kill For
公開:2015年1月10日
配給:ギャガ
劇場:TOHOシネマズ スカラ座ほか全国にて
原作・脚本・監督:フランク・ミラー
監督:ロバート・ロドリゲス
出演:ジェシカ・アルバミッキー・ロークジョシュ・ブローリンジョセフ・ゴードン=レヴィットブルース・ウィリスロザリオ・ドーソンエヴァ・グリーンパワーズ・ブースデニス・ヘイスバートレイ・リオッタクリストファー・メローニジェレミー・ピヴェンジェイミー・キングジュノー・テンプルステイシー・キーチジェイミー・チャンマートン・チョーカシュジュリア・ガーナー
公式HP:http://sincity.gaga.ne.jp/

【国内盤】シン・シティ: ア・デイム・トゥ・キル・フォー
ロバート・ロドリゲス&カール・シール
Rambling RECORDS (2014-11-26)
売り上げランキング: 282,902
シン・シティ [Blu-ray]
シン・シティ [Blu-ray]
posted with amazlet at 14.12.08
ジェネオン・ユニバーサル (2013-12-20)
売り上げランキング: 1,568
シン・シティ1
シン・シティ1
posted with amazlet at 14.12.08
フランク・ミラー
小学館集英社プロダクション
売り上げランキング: 93,901
300 <スリーハンドレッド> 1&2 ブルーレイ ツインパック(初回数量限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]” style=”border: none;” /></a></div>
<div class=
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2014-10-22)
売り上げランキング: 4,446

(C) 2014 Maddartico Limited. All Rights Reserved.

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。