ジャッジ!

実は私、昔少しだけ大手広告代理店で働いていたことがあります。
当時から思っていたのですが、広告代理店の人びとは本当に広告が好き、というか、広告の仕事を世界で一番すごい仕事だと思っているような気が。。。

そんな思いを再び抱かせてくれたのが、この映画『ジャッジ!』
広告業界出身の永井聡監督と脚本家の澤本嘉光が、広告業界のドタバタをユーモラスに見せてくれます。

やっぱりなあ、広告業界って、ノリと自己主張、誇張の世界なんだよなあ。。。

<STORY>
大手広告代理店・現通の若手社員・太田喜一郎は、いつも上司から無茶な仕事を押し付けられてばかりいた。急遽サンタモニカで行われる国際広告祭の審査員をしろと命じられる。しかも、クライアントの社長の息子が作ったちくわのCMを広告祭で入賞させなければクビだというのだ。英語のできない喜一郎は、同じ名字の女性社員・大田ひかりにも夫婦のふりで一緒に来てもらうことに。広告祭はライバル広告会社の大物クリエイターも来ており…。

<Cheeseの解説>
妻夫木聡演じる大手広告代理店の若手社員が、海外の国際映画祭に審査員として参加することになる本作。

クライアントの過酷な指示、
業界ノリの上司の過酷な無茶ぶり、
クリエイターたちの激しい自己アピール、
ライバルを蹴落とすためならなんでもする生き馬の目を抜く国際広告祭の裏側をコミカルに描いています。

広告業界の裏側を描くだけあって、TOYOTAのCMや世界のCMなどが劇中に登場するのも楽しいところ。
こういったタイアップこそ、アドマンの腕の見せ所という感じなのでしょう。

でもまあ、コミカルすぎてリアリティはないよね。。。
実際の国際広告祭の事務局の人などが見たら、怒っちゃったりしないのでしょうか。。。

キャラクターも、“いかにも業界人”な上司を演じる豊川悦司や、かつては広告祭などで活躍していたものの、今は窓際社員となったリリー・フランキーなど、カリカライズされた脇役陣の演技も楽しいのですが、主要キャラである北川景子のキャラクターがあんまり生きていない気が。
玉山鉄二とかもね…、なんのために出てきたのか、よくわからないキャラだったよね。。。

『ジャッジ!』(105分/日本/2014年)
公開:2014年1月11日
配給:松竹
劇場:全国にて
監督:永井聡
脚本:澤本嘉光
出演:妻夫木聡北川景子リリー・フランキー鈴木京香豊川悦司玉山鉄二加瀬亮
公式HP:http://judge-movie.com/

アクターズ・ファイル 妻夫木聡
妻夫木聡
キネマ旬報社
売り上げランキング: 216,597
黄金を抱いて翔べ  コレクターズ・エディション(2枚組)(初回限定版) [DVD]
Happinet(SB)(D) (2013-04-02)
売り上げランキング: 16,431
映画 謎解きはディナーのあとで Blu-rayスタンダード・エディション
ポニーキャニオン (2014-02-19)
売り上げランキング: 3,372
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。