オール・ユー・ニード・イズ・キル / Edge of Tomorrow

映画 オール・ユー・ニード・イズ・キル ポスター 約90x60cm トム・クルーズ Edge of Tomorrow  【並行輸入品】

だいたいの映画で“どんなに絶対絶命のシチュエーションに陥っても、なんだかんだで死なない男”、トム・クルーズ
そんなトム・クルーズが何度も何度も死にまくるのが、この映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』です。

謎の宇宙からの侵略者“ギタイ”に襲われた地球で、広告代理店出身のチャラい広報担当兵が、何の因果か同じ時間を何度もループすることになります。
そして、同じくループを体験した“女神”と呼ばれる美しく強い女性兵士のリタ・ヴラタスキに“武器”として鍛えられ(というか何度も殺されて何度も訓練をやり直させられ)、どんどんと強い兵士へとレベルアップしていくのですが…。

<STORY>

ポスタ- A4 オール・ユー・ニード・イズ・キル 光沢プリント

謎の侵略者“ギタイ”に襲われ、地球は滅亡寸前まで追い込まれていた。米軍の広報担当であるウィリアム・ケイジ少佐は、将軍の命令に背き戦闘の前線であるヒースロー基地に送り込まれた。しかし、ケイジは戦闘中にあっさり殺されてしまうのだった。目を覚ました時、彼は出撃前日にいた。同じ日を何度もループすることとなったケイジは、ループの原因を知っている女性兵士・リタと出会い、ギタイを倒すための訓練を彼女から受けることに…。

<Cheeseの解説>

ポスター アクリルフォトスタンド入り A4 パターンB オール・ユー・ニード・イズ・キル 光沢プリント

桜坂洋のライトノベル、俗に言うラノベを原作とする本作。
映画の原題は『Edge of Tomorrow』ですが、日本でのタイトルは原作小説と同じ『オール・ユー・ニード・イズ・キル』となっています。

謎の侵略者“ギタイ”の影響を受け、“タイムループ”に囚われたトム・クルーズ演じる戦闘素人の兵士・ケイジと、エミリー・ブラント演じるベテラン兵・リタが同じ時を繰り返しながら、ギタイを倒すためにレベルアップしていきます。

その感覚は、まさにゲームのよう。
ライフを無限(と思われる)に持っているトム・クルーズが、何度もゲーム(訓練やギタイとの戦闘)に参加しては、少しずつ経験値を積み、レベルアップしていくのです。
しかしゲーム(ギタイとの戦闘)はなかなかクリアできず、何度も何度も同じセーブポイントまで戻り、何度も何度も同じゲーム(戦闘)に取り組んでいく…。

経験値が上がると最初の方はすぐにクリアできるようになる。
けれど、ゲームのシステム上セーブポイントを前進させることはできず…。
何度も何度も一面をやり直すハメになる、というこの感覚は、ゲームをやっていた人ならば、わかることでしょう。

しかも、このケイジは何度も何度も戦闘を繰り返すうちに、何度も何度も相棒となるリタの死を目撃することになるのです。
自分が再びループすれば、リタはその世界では生きていることはわかっているけれど、身近な人の死というものは心にこたえるものです。
それを何度も何度も経験しなければいけない、そしていつまでたってもゲームをクリアできないケイジは、戦闘能力だけではなく、兵士としてのマインドも、いつの間にかレベルアップしているのです。

そして、死ぬのを嫌がって戦闘を嫌っていた口先だけの広報担当軍人から、身も心も成長し、世界をギタイから守るための戦士として戦いに身を投じるようになる…。

百戦錬磨のアクション俳優でもあるトム・クルーズ、本作では、冒頭では口先だけのチャラい広報担当軍人として登場。
そしてストーリーが進んでいくに従って、戦闘の恐怖や仲間の死の哀しみ、そして数々の訓練と数々の実戦を経験し、一人前の戦士、そして世界を救おうとするヒーローに成長していきます。

そして、ケイジを鍛えるベテラン兵士・リタを演じるのは、アクション初体験というエミリー・ブラント。
筋肉を見事に鍛え上げ、『プラダを着た悪魔』のファッション雑誌スタッフとはまったく違う、強く逞しく、そして死を恐れない女性兵士像を作り上げています。
ループを繰り返すケイジを毎回うさんくさいめで見つめるリタ、ケイジを次のループに向かわせるためあっさり殺してしまうリタ…、いやマジカッコいいっす!

この一人の兵士の成長物語を作り上げたのは、「ボーン・アイデンティティ」シリーズダグ・ライマン
彼らしい臨場感あふれる映像と、リアル感たっぷりの重厚な戦闘演出で、世界を救う複雑な戦争の行程を描いています。

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(113分/アメリカ/2014年)
原題:Edge of Tomorrow
公開:2014年7月4日
配給:ワーナー・ブラザース映画
劇場:全国にて
原案:桜坂洋
製作総指揮・監督:ダグ・ライマン
脚本:クリストファー・マッカリー/ジェズ・バターワース/ジョン=ヘンリー・バターワース
撮影監督:ディオン・ビーブ
美術:オリヴァー・ショール
音楽:クリストフ・ベック
出演:トム・クルーズエミリー・ブラントビル・パクストンブレンダン・グリーソン/キック・ガリー/ドラゴミール・ムルジッチ/羽田昌義ノア・テイラー/シャーロット・ライリー/ジョナス・アームストロング/フランツ・ドラメー
公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/edgeoftomorrow/

Edge of Tomorrow: Original Motion Picture Soundtrack
WaterTower Music (2014-06-03)
売り上げランキング: 3,993
All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)
桜坂 洋
集英社
売り上げランキング: 419
All You Need Is Kill (JUMP j BOOKS)
桜坂 洋
集英社
売り上げランキング: 756
All You Need Is Kill 1 (ジャンプコミックス)
小畑 健
集英社 (2014-06-19)

(C) 2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BMI)LIMITED

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。