バレエボーイズ / Ballettguttene

ポスター アクリルフォトスタンド入り A4 バレエボーイズ 光沢プリント

男の子の12歳から16歳までの4年間というのは、可愛らしさもありつつ、ちょっと男らしさが出てくる、本当に限られた4年間です。
ここを過ぎちゃうと、体も成長しきっちゃって、精神的にも大人になっちゃって、もう“男の子”というより“男の人”になってきちゃいますからね。。。

この映画『バレエボーイズ』は、北欧・ノルウェーの首都・オスロでバレエに励む3人の男の子の12歳から16歳までの4年間を追うドキュメンタリー映画です。
夢を追う男の子が、それぞれに悩みながら成長していくみずみずしい姿を、自然に切り取ってみせています。

<STORY>
ルーカス、シーヴェルト、トルゲールの3人は、ノルウェーの首都・オスロで同じ中学校、同じバレエ学校に通っている。親友同士の3人は、いつも一緒に練習し、更衣室でふざけあっている。彼らはそれぞれの悩みを抱えながらも、毎日、バレエの練習に励んでいる。中学を卒業する彼らは、一緒にオスロ国立芸術アカデミー・KHiOのダンス学部の入学試験を受けた。そしてある日、ルーカスに名門のロイヤル・バレエスクールの最終試験への招待が届く…。

<解説>
ほぼ同時期にバレエを始め、いつも3人で切磋琢磨してきたルーカス、シーヴェルト、トルゲール。
そんな3人でも、バレエに対する想いは少しずつ違います。

バレエが大好きで、才能に恵まれ、努力を欠かさないルーカス。
家族からも応援されています。

バレエが大好きだけれど、アジア系の両親からは別の道に進むことを期待されているシーヴェルト。
勉強とバレエの両立に悩み、一時はバレエを辞めてしまったりもします。
でも、バレエが大好きで、バレエの道に戻ってきます。

体格に恵まれたトルゲール。
カメラはあまり彼に焦点を当てておらず、彼の本音は、いまひとつわかりません。
でも、彼もバレエが好きで、バレエダンサーになるため、KHiOを目指します。

彼ら3人は、同じバレエ・スクール、同じ中学校を卒業し、同じようにオスロ国立芸術アカデミー(KHiO)を目指します。
しかし、彼らの運命は、好むと好まざるとに関わらず、別れていくのです。

それぞれに将来の夢や不安、お互いへの尊敬やかすかな嫉妬など、様々な想いを抱える3人。
自分の可能性を信じ、無根拠な自信も持っているけれど、未知の世界への不安や、心の弱さも抱えています。

大人になりきっていない少年たちの、“思春期”の一時期というのは、大人になってしまった私から見るととてもまぶしさにあふれています。
若いうちに、何かひとつのものに打ち込む経験を持つというのは、それだけで素晴らしいことですね。。。

余談ですが、この映画『バレエボーイズ』で彼らの自然な表情や、ダイナミックなバレエ・シーンを見事に切り取って見せたケネス・エルヴェバック監督は、ノルウェーのゲイのハンドボール・チームを追うテレビシリーズも監督しているそうです。
題材は全然違うけれど、これはこれでかなり面白そう。
どこかで上映してくれないかなあ。。。

『バレエボーイズ』(75分/ノルウェー/2014年)
原題:Ballettguttene
英題:Ballet Boys
公開:2015年08月29日
配給:アップリンク
劇場:ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷アップリンクほか全国にて順次公開
監督:ケネス・エルヴェバック
撮影:トルステン・ノドラド
出演:ルーカス・ビヨルンボー・ブレンツロド/シーヴェルト・ロレンツ・ガルシア/トルゲール・ルンド
Official Website:http://www.uplink.co.jp/balletboys/

リトル・ダンサー [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2015-06-24)
売り上げランキング: 6,717
未来のエトワールたち パリ・オペラ座バレエ学校の一年間 [DVD]
有限会社エリア・ビー (2013-12-20)
売り上げランキング: 35,689
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。