チョコレートドーナツ / Any Day Now

Any Day Now [DVD] [Import]

まったりと甘く、それだけを食べても充分お腹いっぱいになるようなスイーツ、チョコレートドーナツ。
食事にするには栄養が足りないけれど、カロリーは充分。
コーヒーやミルクと一緒に食べると、なんだか幸せな気分になれる食べものです。

そんなチョコレートドーナツが大好きだった男の子・マルコに与えられた深い愛と、無責任な無関心を描いたのが、トラヴィス・ファイン監督が描いた映画『チョコレートドーナツ』です。

マルコの真実の母親・ルディを演じたアラン・カミングが歌うボブ・ディランが作曲し、The Bandなどのカバーで有名な「アイ・シャル・ビー・リリースト」が心に突き刺さる、観る者に愛について問いかけてくる、素晴らしい映画です。

<STORY>
1979年、ゲイバーに務めるルディは、隣人の麻薬中毒女性の息子でダウン症患者のマルコがネグレクトされていることが気になっていた。ある日、ルディと恋人の弁護士・ポールは、施設から逃げたマルコを保護し二人の息子として育てるようになる。しかし、二人がゲイカップルであることを知った世間は、マルコを二人のもとから引き離そうとする。マルコを奪われたルディとポールは、マルコの監護権を取り戻すため、裁判で起こすのだが…。

<Cheeseの解説>
この映画の主人公は、アラン・カミング演じるゲイバーでパフォーマーをしているルディです。
歌手としての才能とパフォーマーとしての魅力を持ったルディは、ギャレット・ディラハント演じる弁護士のポールとカップルになります。

そんな彼らは、母親からネグレクトされたダウン症の少年・マルコを自分たちの息子として育てるようになります。
彼らは、純粋で正直なマルコを、心の底から息子として愛し、育てます。
清潔な洋服を与え、視力を矯正するメガネを与え、栄養のある食事を与え、時にはマルコの大好物のチョコレートドーナツも与え、ステキな部屋とオモチャを与え、寝る前にはハッピーエンドのお話を聞かせ。
生みの母親からはアシュリーという汚い人形だけしか与えてもらえなかったマルコは、ルディとポールから、無償の愛と豊かな生活、幸せな人生を初めて与えてもらったのです。

マルコの幸せな生活は、8ミリで撮影された映像で映し出されます。
その映像に残っているのは、ルディとポールの愛にあふれる笑顔と、屈託がなく、ひょうきんで可愛らしいマルコの笑顔。
幸せの象徴のような素晴らしい笑顔に満ちたこの8ミリ映像は、観客の心にやわらかくしみ込んでいくはずです。

しかし、ルディとポールがゲイであるということが世間に知れた時、世間はマルコから幸せな生活を奪うようになります。

「ゲイのカップルなんて、子どもによくない影響を与えるはずだ」
「ゲイなんだから男の子に性的虐待をしているに違いない」
「ゲイが家族なんて作れるわけがない」

そんな根拠のない偏見のもと、“マルコのために”という大義名分を振りかざし、「子どもは産みの母親と一緒にいるのが一番幸せなのだ」との思い込みから、マルコを生みの母親の元に返してしまうのです。
ルディとポールは、マルコを取り戻すため、司法に訴えます。
しかし、偏見に満ちた裁判官や相手方の弁護士は、ルディとポールの訴えをなかなか認めてくれず、マルコが彼らから与えられた幸せな生活など見ようともしないのです。

“マルコの幸せのため”を思っているのはルディとポールだけ。
世間は誰もマルコの幸せのことなど考えておらず、自分たちの世間の秩序を保つためだけに、マルコから愛する二人の親を奪ってしまうのでした。

この映画の舞台は、1979年。
映画『ミルク』などで知られるゲイの政治家で活動家のハーヴェイ・ミルクの死の翌年になります。
約35年前のこの時代、ゲイという性的嗜好は、まだまだ偏見と差別の対象でした。
ルディとポールは、そんな時代状況の中、自らの性的嗜好を明らかにし、世間と戦うのです。

ルディを演じるアラン・カミングは、彼らの純粋な愛情や「家族を作りたい」という気持ちを、そのキュートで愛情あふれる演技や絞り出すような歌声で、見事に表現しています。
物語を通じて、ルディの歓びや哀しみといった感情の多くは、彼が歌う歌で伝えられるのです。
だからこそ、本当の哀しみというものが観客の胸に迫って来るのだと思います。

実は、ルディを演じたアラン・カミングは自身もゲイであることをカミングアウトしています。
そして、ダウン症の少年・マルコを演じるアイザック・レイヴァは、自身もダウン症を患っています。
彼らの瞳の奥にある切なさや哀しみ、そして深い愛を、トラヴィス・ファイン監督は見事に映像に焼き付けてくれました。

『チョコレートドーナツ』(97分/アメリカ/2012年)
原題:Any Day Now
公開:2014年4月19日
配給:ビターズ・エンド
劇場:シネスイッチ銀座ほか全国にて順次公開
監督:トラヴィス・ファイン
出演:アラン・カミングギャレット・ディラハント/アイザック・レイヴァ/フランシス・フィッシャーグレッグ・ヘンリー/クリス・マルケイ/ドン・フランクリン/ジェイミー・アン・オールマン/ケリー・ウィリアムズアラン・レイチンスミンディ・スターリング/ダグ・スピアマン/ランディ・ロバーツ/ミラクル・ローリー/マイケル・ヌーリー/ジェフリー・ピアース
公式HP:http://bitters.co.jp/choco/

Any Day Now [DVD] [Import]
Any Day Now [DVD] [Import]
posted with amazlet at 14.05.05
売り上げランキング: 70,722
I Shall Be Released (2000 Digital Remaster)
Capitol Catalog (2004-09-01)
売り上げランキング: 12,117
ミルク [DVD]
ミルク [DVD]
posted with amazlet at 14.05.05
ポニーキャニオン (2009-10-21)
売り上げランキング: 24,184
神戸ドーナツ(チョコレート) 50g x 5ケ
パンの食卓カンパーニュ
売り上げランキング: 46,201
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。