ジャックと天空の巨人 / Jack the Giant Slayer

ジャックと天空の巨人 [DVD]

実は、この映画『ジャックと天空の巨人』のタイトルを見た時、てっきり『長ぐつをはいた猫』のスピンオフだと思っていた私。
なので、てっきりフルCGのアニメだと思っていたのですが、実はまったく違いました。
まあ、『長ぐつをはいた猫』自体が「シュレック」シリーズのスピンオフなのだから、スピンオフのスピンオフってことはないですよね。。。

英国に昔から伝わる物語「ジャックと豆の木」「Jack the Giant Killer」などを下敷きにしたこの映画『ジャックと天空の巨人』
『アバウト・ア・ボーイ』『シングルマン』ニコラス・ホルトくん(お肌が!きれいすぎる!!)が主役のジャックを演じ、ユアン・マクレガースタンリー・トゥッチらが脇を固める、アドベンチャー・ムービーです。

<STORY>

ポスタ- A4 パターンB ジャックと天空の巨人 光沢プリント

18歳のジャックは、ある修道士から不思議な豆を手に入れる。嵐となったその夜、ジャックの家に道に迷った女性が訪ねて来る。その女性は意に染まない結婚をいやがり家出をしたイザベラ姫だった。その時、ジャックが床下に落とした豆から芽が出て、天空に向かって巨大な豆の木が飛び出した。ジャックは落下するが、姫は家ごと天空に連れ去られてしまう。翌日、国王の命令のもと、衛兵たちとともにジャックは姫を救いに天空を目指す…。

<Cheeseの解説>

ポスタ- A4 パターンH ジャックと天空の巨人 光沢プリント

ブライアン・シンガー監督が、昔から伝わる題材を、最新のCG技術を使って手に汗握る冒険物語に仕上げた本作。
貧乏な青年が高貴な姫と出会い、彼女を救うために驚異的な冒険を重ねながら成長していく、という王道の物語でもあります。

王道だからこそ、大切になってくるのは俳優陣の演技や、悪役のキャラクター。
純朴でまっすぐなジャックを演じるニコラス・ホルト、冒険好きではねっかえりのお姫様・イザベルを演じるエレノア・トムリンソン、彼らを助ける勇敢で高潔な騎士・エルモントを演じるユアン・マクレガー、野心に燃えて王国の支配を企むロデリックを演じるスタンリー・トゥッチなど、典型的なキャラクターではありますが、みんな魅力的。

そして、この作品を語るのに忘れてはならないのは、やはり巨人たち。
双頭のファロン将軍ほか、フィー、ファイ、フォー、ファムという巨人たちが天空で、そして地上に降りてきては大暴れするのです。

この物語で二番目に重要なキャラクターとも言えるファロン将軍を演じるのは、ビル・ナイ
モーション・キャプチャーで、この獰猛で残忍、そして賢くもあるファロン将軍に息を吹き込んでいます。
ビル・ナイは、この役に信憑性を持たせるために巨人の話し方を北アイルランド風のアクセントにするように提案したり、毎朝声を潰してしゃがれ声を作って撮影に挑んだのだとか。

そんな、昔ながらの物語を、最新の技術で作り上げたこの作品。
予想外なところなどはないですが、まさに手に汗握る、わかりやすく楽しい冒険物語です。
お子さんを連れて行って、3Dで観るのにぴったりなアトラクション型体験ムービーとも言えるでしょう。

『ジャックと天空の巨人』(114分/アメリカ/2013年)
原題:Jack the Giant Slayer
公開:2013年3月22日
配給:ワーナー・ブラザース映画
劇場:丸の内ルーブルほか全国にて
監督:ブライアン・シンガー
出演:ニコラス・ホルトエレノア・トムリンソンスタンリー・トゥッチイアン・マクシェーンビル・ナイユアン・マクレガーラルフ・ブラウンエディ・マーサンユエン・ブレムナー/ミンガス・ジョンストン/ワーウィック・デイヴィス/リー・ボードマン/ジョン・カーサー/コーネル・ジョン/アンドリュー・ブルック/アンガス・バーネット/ベン・ダニエルズ/ダニエル・ラペイン/キャロライン・ヘイズ/クリストファー・フェアバンク/マイケル・セルフ/シドニー・ローソン/タンディー・ライト
公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/jackthegiantslayer/index.html

ジャックと豆の木
ジャックと豆の木
posted with amazlet at 13.03.10
(2012-10-04)
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。