海街diary

海街diary (小学館文庫)

鎌倉を舞台に、父に捨てられ、母にも置いていかれ、三人で身を寄せ合って暮らしていた三姉妹のところに、腹違いの妹がやってきて、四姉妹になるまでの一年間を描く映画『海街diary』

古い一軒家の日本家屋での昔ながらの生活の良さやめんどくささをしみじみ感じさせてくれるようなこの作品。

一人っ子の私にとっては、文句を言い合いながらもなんだかんだで仲の良い姉妹たちの生活模様も、とても羨ましく、素敵に感じました。
しらすトーストやアジフライ、アジの南蛮漬けなど、海街ならではの食べ物も美味しそうで…、縁側のある家で、ちゃぶ台でごはんを食べてみたくなりました。

<STORY>

海街diary オリジナルサウンドトラック

鎌倉の古い一軒家で暮らす香田三姉妹のもとに、母と離婚して出て行った父親の訃報が届く。その葬式で、三姉妹は初めて腹違いの妹・浅野すずに出会うのだった。父の再婚相手に遠慮しているすずを見た長女の幸は、すずに自分たちとの同居を勧め、すずは鎌倉にやってくる。看護師をしている真面目な長女の幸、奔放で酒好きな信用金庫職員の次女の佳乃、個性的でマイペースな三女の千佳は、すずを歓迎し、すずも鎌倉の中学校に通い始める…。

<解説>

写真集 「海街diary」

綾瀬はるか演じる幸、長澤まさみ演じる佳乃、夏帆演じる千佳、広瀬すず演じるすずという美人姉妹の一年を描く本作『海街diary』

吉田秋生の同名コミックスを、是枝裕和監督が描いています。

彼女たち姉妹は、複雑な事情の中で、一緒に暮らしている姉妹。
父親が別の女性に走って家を出て行き、そして母親も別の男性と暮らし始めてしまいます。
残された幸、佳乃、千佳ら香田姉妹は、鎌倉の母方の祖母と一緒に暮らしていました。
やがて、祖母が亡くなり、三人での生活を始めたのです。

そこに、出て行った父が結婚して新しい家庭で生まれた娘、浅野すずが、父の死をきっかけに鎌倉の家で一緒に暮らし始めることになります。

父親の葬式で出会ったこの姉妹、毎日の食卓を共にし、地域コミュニティーに一緒に参加し、法事やお葬式にも一緒に参列し、一年間を過ごします。
そして、だんだんと気兼ねのない関係の四姉妹になっていくのです。

姉妹たち一人一人も、それぞれに恋の悩みや仕事の悩みを抱えつつ、日々を送っています。
自分が家族をを守るという重責を負った長女、姉がしっかりしているがゆえに背負うものがない次女の葛藤、父親を知らず背負うものもない三女の欠乏感、四女の初めて会った姉たちへの遠慮と迷い。
それぞれに思うところありつつも、それをお互いにぶちまけることなく胸に秘め、それぞれに思い合いながら生活している彼女たち。
これこそが、まさに家族の姿なのでしょう。

毎日食卓を囲むことで、家族は家族になっていき、お葬式や法事などに参加することで、地縁や血縁ができていく。
美しい姉妹たちの生活を通し、是枝裕和監督は、“家族”ができていく過程を優しさのあふれる映像で、じっくり見せてくれてました。

『海街diary』(126分/日本/2015年)
公開:2015年06月13日
配給:東宝、ギャガ
劇場:全国にて
原作:吉田秋生
監督・脚本:是枝裕和
音楽:菅野よう子
出演:綾瀬はるか長澤まさみ夏帆広瀬すず加瀬亮鈴木亮平池田貴史坂口健太郎前田旺志郎キムラ緑子樹木希林風吹ジュンリリー・フランキー堤真一大竹しのぶ中村優子
Official Website:http://umimachi.gaga.ne.jp/

海街diary オリジナルサウンドトラック
音楽:菅野よう子
ビクターエンタテインメント (2015-06-10)
売り上げランキング: 997
海街diary (小学館文庫)
海街diary (小学館文庫)
posted with amazlet at 15.06.12
高瀬 ゆのか 吉田 秋生 是枝 裕和
小学館 (2015-05-08)
売り上げランキング: 1,285
写真集 「海街diary」
写真集 「海街diary」
posted with amazlet at 15.06.12
瀧本幹也
青幻舎
売り上げランキング: 1,252
海街diary コミック 1-6巻セット (フラワーコミックス)
吉田 秋生
小学館
売り上げランキング: 115
海街diary すずちゃんの海街レシピ (フラワーコミックス)
小学館 (2015-05-08)
売り上げランキング: 537
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。