相棒シリーズ X DAY

「相棒シリーズ X-DAY」オリジナルサウンドトラック (初回生産限定) (2枚組ALBUM)

私も大好きなドラマ「相棒」シリーズから生まれたスピンオフ映画第二弾『相棒シリーズ X DAY』

今作では、なんと捜査一課の伊丹憲一刑事が主人公。
いつも苦虫をかみつぶしたような顔をした川原和久演じる伊丹さん、本作では田中圭演じるサイバー犯罪対策課の岩月くん相手に、やっぱり毒づきまくっています。

しかも、今回は伊丹さんが主人公なだけあって、彼が捜査一課の刑事としていろいろと捜査にあたっている様子が描かれています。
いつも特命係にしてやられる捜査一課のお三人ですが、普段はあんなに地道に仕事してたのね。
バカにしててごめんなさい。。。

スピンオフと言えども立派な「相棒」シリーズであるこの作品、水谷豊演じる杉下右京及川光博演じる神戸尊も登場します

他にも、特命係に「ヒマか?」と聞くだけの簡単なお仕事かと思っていた組対五課の角田課長の意外な武闘派ぶりが見られたり、「相棒」シリーズファンにはかなりツボの多い作品だと言えるでしょう。

<STORY>
東京明和銀行本店システム部勤務の中山雄吾という男性の死体が発見された。警視庁捜査一課の伊丹憲一刑事は、その現場でサイバー犯罪対策課の専門捜査官・岩月彬と出会う。実はしばらく前から“謎のデータ”がネット上にばらまかれており、それを実行していたのが中山だったのだ。中山の死亡事件について、伊丹は殺人事件の線から、岩月は不正アクセスの容疑で捜査を行うことに。事件の影には、ある金融封鎖計画“X-DAY”の存在があった…。

<Cheeseの解説>
「相棒」シリーズのキャストが総出演しているこの作品。
ある殺人事件をきっかけに、捜査一課の伊丹刑事とサイバー犯罪対策課の岩月捜査官がタッグを組んで、ある金融封鎖計画“X-DAY”の存在を知るのです。

捜査は足で稼いでなんぼ、という昔ながらの泥臭い刑事・伊丹と、何でもスマートにこなし効率重視の岩月が反発しあったりしながらも、同志となっていく様子は、やはり“相棒”らしいストーリー展開です。

政治家や官僚たちが押し進める金融封鎖計画“X-DAY”、その存在を知った一人の男が殺され、この物語は始まります。

殺された男・中山は、一人ドンキホーテのように戦っていました。
しかし、ある朝死体で発見されるに至ったのです。

彼は何をしていたのか?
そして、彼はなぜ殺されるに至ったのか?

その謎を伊丹&岩月コンビが暴いていくわけですが、巨大な警察組織という権力の中で、その権力に立ち向かっていこうとするこの二人も、ドンキホーテのような存在です。
自分なりの正義感とプライドと信念を持った彼は、真実に近付き、自分たちなりの落とし前をつけていきます。

この作品には、“巨大な存在に果敢に挑んでいくドンキホーテ”という構造が二重に存在しているのでした。
ドンキホーテだけあって、彼らの闘いはやっぱり一人相撲だったりも…。

相棒ファンとしてはいろいろと楽しめる作品だったのですが、ファン以外の人にとってはどうなのでしょうか。
最初の殺人事件のきっかけがとっぴ過ぎて、なんだか尻つぼみな印象を受けたのですけどね。。。

『相棒シリーズ X DAY』(113分/日本/2013年)
公開:2013年3月23日
配給:東映
劇場:全国にて
監督:橋本一
出演:田中圭川原和久国仲涼子別所哲也田口トモロヲ宇津井健木村佳乃水谷豊及川光博戸次重幸関めぐみ大谷亮介山中崇史山西惇六角精児原田龍二神保悟志片桐竜次小野了鈴木杏樹志水正義
公式HP:http://www.aibou-xday.jp/

「相棒シリーズ X-DAY」オリジナルサウンドトラック (初回生産限定) (2枚組ALBUM)
池 頼広
ハッツ・アンリミテッド (2013-03-06)
売り上げランキング: 1,044
相棒シリーズ X DAY (小学館文庫)
大石 直紀 櫻井 武晴
小学館 (2013-02-06)
売り上げランキング: 1,211
相棒 警視庁ふたりだけの特命係
朝日新聞出版 (2012-08-01)
売り上げランキング: 7,293
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。