ダイ・ハード/ラスト・デイ / A Good Day to Die Hard

ダイ・ハード / ラスト・デイ [Blu-ray]

ブルース・ウィリス演じる“世界一運の悪い男”ジョン・マクレーン刑事の活躍する映画「ダイ・ハード」シリーズ第五弾となる映画『ダイ・ハード/ラスト・デイ』

今回はアメリカを飛び出し、ロシアで大暴れしてしまいます。
まあ、どの大暴れする場所が某原子力発電所跡ということで、その放射能などの扱いにいろいろと微妙な意見もあるところですが…。

物語前半の他人のアクションをガン無視した派手なカーアクションとか、とても面白かった!
ジョン・マクレーンのような強烈な主人公じゃない限り、こんなアクションは見られないはず。
派手にぶちかまして観客のド肝を抜きたいというサービス精神は、私は好きです。

でもまあ、かなり無神経と言うか、適当過ぎるきらいはありますが…。

そう言えば、よく考えると、息子がCIAに勤務していることを知らなかった父親が事件に巻き込まれるっていうストーリーは、ブルース・ウィリスが父親役の『シャドー・チェイサー』とまったく逆の構造なんだなー。
ま、だからなんだって言われると、なんでもないんですが。。。

<STORY>
NY市警の刑事ジョン・マクレーンは、音信不通の息子・ジャックがロシアで投獄されていると知る。ジョンは息子を引き取りにモスクワに飛ぶが、ジャックのいる裁判所が爆発されてしまった。そのままジャックはある政治犯・コマロフを連れて襲撃者たちから逃亡。ジョンはそんな彼らを追いかけ、ジャックはCIAのエージェントで、コマロフから機密ファイルを受け取る任務を負っていることを知る。ジョンはジャックに協力することになり…。

<Cheeseの解説>
これまでの「ダイ・ハード」シリーズで、行く先々でテロに巻き込まれ、たった一人でテロリストと立ち向かうハメになった“世界一運の悪い男”ジョン・マクレーン。
この映画『ダイ・ハード/ラスト・デイ』では、このジョン・マクレーン刑事が、反発していた息子・ジャックと一緒に難局に立ち向かうこととなり、だんだんと名バディぶりを発揮、そしてだんだんとお互いを理解しあっていくことになります。
この映画では、“運の悪い男が、たった一人で経験値と機転を頼りに問題に立ち向かう”というよりは、“仲の悪かった親子が、一緒に任務を遂行することでお互いを理解しあっていく”という点に重点が置かれているように思います。
その分、これまでの「ダイ・ハード」シリーズのファンからは評価が低いようにも思いますが、普通のアクション映画の一つとして観れば、充分楽しめると思います。

本作で息子・ジャックを演じているのは、トム・クルーズ主演の映画『アウトロー』などでも重要な役で出演しているジェイ・コートニー。
日本ではまだ馴染みが薄い俳優ではありますが、これからの活躍が期待される若手俳優の一人です。

まあ、この映画『ダイ・ハード/ラスト・デイ』、とっととCIAに連絡すればいいじゃない、とか、放射能ってそんなだっけ、とか、「いや、さすがにそれは死ぬだろ」とか、いろいろなツッコミどころはありますが…。
派手なアクションの数々を、無心に、全身で楽しんで欲しいような一作だと思います。

『ダイ・ハード/ラスト・デイ』(98分/アメリカ/2013年)
原題:A Good Day to Die Hard
公開:2013年2月14日
配給:20世紀フォックス映画
劇場:TOHOシネマズ日劇ほか全国にて
監督:ジョン・ムーア
出演:ブルース・ウィリス/ジェイ・コートニー/コール・ハウザーメアリー・エリザベス・ウィンステッド/ユーリヤ・スニギーリ/セバスチャン・コッホ/ラシャ・ブコヴィッチ/アマウリー・ノラスコ
公式HP:http://www.foxmovies.jp/diehard-lastday/

Good Day to Die Hard
Good Day to Die Hard
posted with amazlet at 13.02.17
Soundtrack
Sony Classics (2013-02-19)
売り上げランキング: 8,997
ダイ・ハード:クアドリロジーブルーレイBOX<5枚組>(初回生産限定) ダイ・ハード/ラスト・デイ スペシャル・ディスク付 [Blu-ray]” style=”border: none;” /></a></div>
<div class=
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2013-01-23)
売り上げランキング: 609
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。