【映画レビュー】竜とそばかすの姫

竜とそばかすの姫 (角川文庫)

細田守監督の現時点での集大成とも言える映画『竜とそばかすの姫』

インターネット上の仮想世界(『サマーウォーズ』)、日常のすぐそばにある異世界(『バケモノの子』)、獣人(『おおかみこどもの雨と雪雨』)、巨大クジラ(『バケモノの子』)といった、これまでの細田作品に登場したさまざまなモチーフが登場し、物語を形作っています。

それをさらに発展させているのは、ディズニーアニメ『美女と野獣』の世界観。
『ベイマックス』『アナと雪の女王2』などでキャラクターデザインを担当するジン・キムがベルのデザインを手がけ、これまでの細田キャラクターとは一味も二味も違うボーダーレスな仮想世界を表現しています。

細田守監督の頭の中にあるもの、細田監督の好きなものがギューっと詰まった、まさに集大成と言える一作なのです。

STORY

女子高生の鈴は、歌が好きだった母を事故で亡くして以来、歌えなくなっていた。友人のヒロちゃんに誘われて、すずはインターネット上の仮想世界「U(ユー)」に参加する。Uでは本当の自分とは違うAs(アズ)というアバターで、違う人生を生きることができる。AsのベルとしてUに参加した鈴は、Uでは自由に歌うことができた。その歌声でベルはすぐにUの人気者になる。ある日、U中の嫌われ者・竜と出会ったベルは、彼に心をとらわれていく……。

解説

実世界で母を亡くし、歌声を失った鈴を主人公とする本作。
鈴は自分を心配する父を拒み、母の友人たちにも心なしか距離を置いています。

そんな鈴が友人のヒロちゃんのすすめで始めたのが、世界中の50億人が参加しているインターネット上の仮想世界「U(ユー)」。
ベルというAs(アバター)となりました。ベルの姿になった鈴は、自由に心のままに歌うことができました。
そして、友人のヒロちゃんのサポートもあり、歌姫・ベルとして人気を博していきます。

そして、U(ユー)の世界で嫌われている乱暴で傲慢な“竜”というAsの抱えた傷が気になるようになるのです。

彼はなぜあんなに傷を抱えているのか。
なぜあんなに孤独なのか。
彼は誰なのか。

そして彼女は、竜のオリジン(竜の現実世界の姿)を探し始めます。
そのために彼女は自分を犠牲にし、U(ユー)の50億人の前に、本当の自分の姿を晒すのです。

それは、他人から言ってみれば、自己犠牲とも言えます。
でも鈴にとってはそれは、「やりたいこと」「やらなければならないこと」でした。
竜のために自己を犠牲にした彼女は、かつて幼い子どもを助けるために川に飛び込んで亡くなった母のことを理解できるようになるのでした。

そして、自分は一人ではないことに気づきます。
ヒロちゃんをはじめとする友人や、父親、そして亡き母の友人たちまでも、ずっと自分を見守っていてくれたことに。
仮想世界には50億人のファンもパワーを与えてくれるけれど、現実世界の10人はもっともっと力をくれている……。
自分が人を助けることで、自分も人から助けられていることに気づいたのです。

世界は遥か遠くにもあるし、目の前にもある。
世界とつながることもできるし、目の前の縁をつなぐこともできる。。。

細田守監督は東京まで何時間もかかる高知の片田舎と、世界とつながる広大なインターネットの世界を対比させながら、今も昔も変わらない人間のつながりと、人間同士がつながることで人も世界も成長していく様を描いています。
世界と広がることで遠くの誰かを助けることもできるけれど、地元の小学校から世界に影響を与えることも、世界を変えることもできるのです。
自分が投じた一石が、世界を少しずつ変えていく。
ベルが竜を救い、鈴が竜のオリジンを救う。
そして竜のオリジンも、鈴の助けをきっかけに、自分の周囲の世界を変えられるようになる。。。

これは「君と僕の二人だけでは世界は成り立たない」という、細田監督のメッセージのように思います。
自分だけでなく、世界と、50億人とつながることで、すべてを変えていくことができる。。。

それはこの作品の成り立ちとも似ています。

日本のアニメーターだけではなく、ディズニーのキャラクターデザイナーであるジン・キム、そして架空の都市設計やイラストレーションを発表してきたロンドン在住のプロダクションデザイナーであるエリック・ウォンを迎えることで、細田監督は自身の作品にこれまでにない広がりを与えました。

世界観や映像だけではなく、それは音楽の面でも同様です。
音楽監督の岩崎太整を筆頭に、スウェーデン出身の作曲家Ludvig Forssell、坂東祐大が音楽を手がけ、常田大希が率いるmillennium paradeが主題歌を手がけるなど、様々な音楽家がコラボレーションを見せ世界を広げてくれました。

さらに、声優としてシンガーソングライターの中村佳穂のほか、YOASOBI幾田りら森山良子坂本冬美岩崎良美ermhoiら、多くのミュージシャンが参加している点でも、何も限定せずに、ジャンルを超えて世界を発展させていく意欲が感じられました。

細田守の集大成でもあり、新たなる幕開けをも感じさせる映画『竜とそばかすの姫』、今年ぜひ観るべき一作と言えるでしょう。

作品情報

『竜とそばかすの姫』(121分/日本/2021年)
公開:2021年7月16日
配給:東宝
劇場:全国にて
原作・監督・脚本:細田守
CGキャラクターデザイン:ジン・キム
プロダクションデザイン:上條安里/エリック・ウォン
音楽:岩崎太整/Ludvig Forssell/坂東祐大
主題歌:millennium parade × Belle(中村佳穂) 「U」
衣装:伊賀大介
声の出演:中村佳穂 成田凌染谷将太玉城ティナ幾田りら森山良子清水ミチコ坂本冬美岩崎良美中尾幸世森川智之宮野真守島本須美石黒賢役所広司佐藤健津田健次郎小山茉美ermhoi
Official Website:https://ryu-to-sobakasu-no-hime.jp/

関連商品

竜とそばかすの姫 (角川文庫)
細田 守(著)
KADOKAWA (2021-06-15T00:00:01Z)
4.2outof5stars
¥726
「未来のミライ」スタンダード・エディション [DVD]
細田守(原著), 細田守(監督), 高木正勝(その他), 上白石萌歌(出演), 黒木華(出演), 星野源(出演), 麻生久美子(出演), 宮崎美子(出演), 役所広司(出演), 福山雅治(出演)
バップ (2019-01-23T00:00:01Z)
4.3outof5stars
¥2,580
バケモノの子 期間限定スペシャルプライス版Blu-ray
細田守(原著), 細田守(監督), 細田守(脚本), 役所広司(出演), 宮崎あおい(出演), 染谷将太(出演), 広瀬すず(出演), 山路和弘(出演), 宮野真守(出演), 山口勝平(出演)
バップ (2021-07-14T00:00:01Z)
4.4outof5stars
¥2,271
おおかみこどもの雨と雪 期間限定スペシャルプライス版DVD
宮﨑あおい(出演), 細田 守(監督)
バップ (2018-07-04T00:00:01Z)
4.4outof5stars
¥5,980
サマーウォーズ 期間限定スペシャルプライス版Blu-ray
神木隆之介(出演), 細田 守(監督)
バップ (2018-07-04T00:00:01Z)
4.5outof5stars
¥6,500
時をかける少女 期間限定スペシャルプライス版 [DVD]
仲里依紗(出演), 石田卓也(出演), 板倉光隆(出演), 垣内彩未(出演), 谷村美月(出演), 関戸優希(出演), 松田洋治(出演), 原沙知絵(出演), 細田守(監督)
KADOKAWA / 角川書店 (2018-07-04T00:00:01Z)
4.3outof5stars
¥2,187
美女と野獣 MovieNEX(アニメーション版) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ディズニー(出演), ゲイリー・トゥルースデイル(監督), カーク・ワイズ(監督)
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2017-04-05T00:00:01Z)
4.7outof5stars
¥1,900
アナと雪の女王 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ディズニー(出演), クリス・バック(監督), ジェニファー・リー(監督)
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2019-07-24T00:00:01Z)
4.5outof5stars
¥3,160
アナと雪の女王2 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ディズニー(出演), クリス・バック(監督), ジェニファー・リー(監督)
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2020-05-13T00:00:01Z)
4.5outof5stars
¥2,174
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存