【女優】アリシア・ヴィキャンデル / Alicia Vikander

プロフィール

1988年10月3日生まれ、スウェーデン・ヴェストラ・イェーターランド県ヨーテボリ出身。

9歳からスウェーデン王立バレエ学校でバレエを学ぶ。バレリーナを目指していたが、女優活動を始め、怪我もあってバレエの道を断念。2010年、『ピュア 純潔』で映画デビュー。2014年の映画『エクス・マキナ』ではAIを搭載したアンドロイドを演じた。2015年の『リリーのすべて』では第88回アカデミー賞助演女優賞を受賞。2018年にリブートされた『トゥームレイダー ファースト・ミッション』では、かつてアンジェリーナ・ジョリーが演じたララ・クロフトを演じている。

主な映画出演作は『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』(2012年)、『コードネーム U.N.C.L.E.』(2015年)、『世界の涯ての鼓動』(2017年)など。

著名な家族

母:マリア・ファール・ヴィキャンデル(女優)
夫:マイケル・ファスベンダー(俳優)

過去の出演作

ピュア 純潔 / Till det som är vackert (2010)
・Kronjuvelerna (2011)
ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮 / En kongelig affære (2012)
アンナ・カレーニナ / Anna Karenina (2012)
フィフス・エステート/世界から狙われた男 / The Fifth Estate (2013)
ホテルセラピー / Hotell (2013)
戦場からのラブレター / Testament of Youth (2014)
ガンズ&ゴールド / Son of a Gun (2014)
エクス・マキナ / Ex Machina (2014)
セブンス・サン 魔使いの弟子 / Seventh Son (2014)
コードネーム U.N.C.L.E. / The Man from U.N.C.L.E. (2015)
リリーのすべて / The Danish Girl (2015)
二ツ星の料理人 / Burnt (2015)
ジェイソン・ボーン / Jason Bourne (2016) 
光をくれた人 / The Light Between Oceans (2016) 
Birds Like Us (2017) 声の出演
チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛 / Tulip Fever (2017)
Euphoria (2017) 兼製作
世界の涯ての鼓動 / Submergence (2017)
Muumien taikatalvi (2017) 声の出演(英語吹替版)
イングリッド・バーグマン ~愛に生きた女優~ / Ingrid Bergman in Her Own Words (2018) ナレーション
トゥームレイダー ファースト・ミッション / Tomb Raider (2018)
アースクエイク バード / Earthquake Bird (2019)
The Glorias (2020)
ベケット / Beckett (2021)
Blue Bayou (2021)
The Green Knight (2021)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存